introducing

GW後半戦ですね。週中の平日、通勤時間の電車はいつもと変わらない乗車率やったかな。
長期休暇は難しい日程だったかもしれませんね。
休日出勤はあるものの、けっこうゆったりした日もありリラックスできてよかよか。

きょうはスタカン。
俺にとってはPaul WellerはJamというよりStyle Councilなんですよ。
Style Councilのライブに2度行ったんですが、Jamのナンバーやるとめちゃ盛り上がるんですよ。でも、俺はスタカンだけで満足。

Introducingはデビューからのシングルを編集したミニアルバムといった体裁。
ゆったりした曲調が癒やされるLong Hot Summer、3分も満たないないのにおしゃれ感凝縮のHeadstart For Happiness、ライブでは必ず盛り上がるアップテンポのMoney-Go-Roundとおなじみのナンバーが。

元々R&BやJazzに精通していたウェラー、そんな嗜好が現れたグループの1枚目。
音楽はもとよりPaul Wellerのファッションに釘付けだった。英国はもちろんなんやけど、ステンカラーコートを着崩したり、ブレザーをマリン風に着こなしたり、なんせかっこええ。トラディショナルなのにスパイスをきかせた着こなし。サウンドもスタイルもスノビズムに溢れていた。

広告