Lenny Williams / Still In The Game

CD400_out

夏バテなのに酒をくらい、体調を崩している自分です、こんばんは。
更に今月はロケットスタート、けっこうボケーっとしてる間もなく仕事してます。ひさびさ(笑

先週末は「早稲田キャピターノ」にお邪魔してきました。久しぶりに酔いました。いや、普段より呑んだからかな。おもろかったです。

さて、きょうはLenny Williams。引用すると38年の芸暦、20枚目のアルバムです。いや、凄いわ、ほんま。
このアルバム、”Still In The Game”、けっこうお気に入りです。
Charlie Wilsonが前のアルバムでも相当頑張ってるやないですか。だからLenny Williamsくらいの爺さんも全然、今でも旬で通りますよ。

全体的な製作にDerek Allen、ナイスな人選ですね。
1曲目Keith Crouch作のStillから素晴らしいナンバーです。Kipper Jonesも絡んでおり、90年代好きにも納得の1曲といえます。
2曲目This Is For The One That Got Awayなんぞ、これ爺さんやっていいの?というくらい現代的。
Kirk Whalumがサックスで絡むOn This Dayではシットリ。うーむ、やられます。
このアルバムの味付けはやはり70’sな香り。そのOmar CunninghamのGood Girlでアルバム後半を飾ります。

さすがに全盛期の変態的なファルセットは聴けないものの、情感たっぷりな歌いっぷりは更に進化していると思いました。

広告
カテゴリーSoul

2 Replies to “Lenny Williams / Still In The Game”

    1. デレクアレンはいいナンバーつくりますね。90年代のイメージがありますが。
      このアルバム、後半のクラッシックテイストがうまく調和されてると思います。Joe,Eric Benetが懐古調になってるし、時代が求めてるのかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中