Whistle / Always and Forever

whistle_always

素晴らしいファルセッターを擁するWhistle。うるさ型のソウルファンも納得させるボーカルワークが魅力的なグループ。
このグループのことでよく語れるのが、出がヒップホップグループであったにも関わらず、いきなり路線を変更し2ndからオーソドックスなR&Bグループに転身したことだろう。実際、86年の1stと88年のTransformationを聞き比べると全然違う。ジャケットの嗜好もまったく異なり1stはどうしようもないやさぐれ感のある3人が立っているだけなのだが、Transformationでは女性の口元アップの艶めかしい雰囲気に変わっている。

路線変更し正解だったようで、この90年リリースの3rd”Always and Forever”はRod Tempertonの名作、Heatwaveのカバーがヒットしている。
カバーのみならずオリジナルのナンバーも甘く狂おしい。
抑え気味にスタートするものの、ラストでは厚みのあるコーラスで痺れさせるStill My Girl、なぜかClassic Example / I Do Care を彷彿させるDo You Care?は最初から異なるボーカルが入り乱れる。
後半にニュージャックのアップものをやってはいるが、前半にスロウを固めるあたり自分達のウリは何かを良く知っている構成。アップは次作のGet the Loveのほうが断然内容がいい。このアルバムはスロウのみ聴くということで購入されたし。

広告

Whistle / Always and Forever” への2件のフィードバック

追加

  1. このAlbum当時私も聴き込みました。確かあの鈴木先生も出来栄えに感心され、何かの雑誌で取り上げてみえた記憶があります。

    Whistle最近私もエントリーしたのですが、88年盤があるので、R&BAlbumは計3枚ですよね。しっかり間違えておりました。。
    しかしこのスウィート・アプローチ堪りません!

    1. taxyさん

      コメントありがとうございます。
      >鈴木先生
      そうやったんですね。この時は4人になるのでしょうか、ボーカルワークにも厚みがありますし、聴かせてくれますよね。
      Transformationは現在でも売ってそうですが、中古ではあまり見かけないですね。LPは激安ですけどw
      こういうグループって現在皆無ですけど、そろそろブーム再来して欲しいです(無理かなw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。