新年あけましておめでとうございます。
皆様にとって良い一年となりますよう、ご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
既に正月も三日目。皆様、どのような年明けをお迎えでしょうか。
わたしのほうは例年のごとく酒浸り、寝正月でございます。もう社会復帰できないかもしれませんw

元旦は自宅でのんびりお笑い三昧。すっちー&吉田、いけますな!
二日目、初詣に井草八幡宮にいって参りました。その後、西荻の戎でまた大酒を食らい、ほぼ廃人となったのが昨晩。きょう、久々ブログにログインしました。

perryandsanlin

さて、今年最初はPerry & Sanlin。
冬になるとラックから取り出す一枚。
昨年末、神戸元町にあるBar Sugar Freeでリクエストさせていただいたナンバー”Special To Me”が挿入されている81年作です。

神戸に伺った時も語っていたんですが、年末に芸能ニュースで賑わった元「光GENJI」の大沢樹生の元嫁はんw、喜多嶋舞。彼女のお父さんがこのアルバムに参加しています。
クレジットにOSAMU KITAJIMAとあります。わたしの好きなナンバーSpecial To Meで琴を演奏してるんですよね。喜多嶋修は世界的な琴奏者であります。
このネタはソウルバーではおなじみですよね?

曲はPhil Perryの悶絶ファルセットが最高なんですが、喜多嶋修が奏でる琴の音色がなんともシッポリ馴染むんですわ。不思議。こういうオリエンタルな音色、もっとも70年代ならスタイリスティックスのエレキ・シタールなんてのも印象的でありましたわな。
スウィートソウルにぴったり合っております。

このアルバム、Just Like Magicというナンバーもかなりスウィートなナンバー。
喜多嶋修ネタ以外にも楽しめる好盤ですよ。

それでは引き続き、今年もよろしくお願いします。
ブログだけでなく、クラブイベント、ライブ、ソウルバー、居酒屋wなどでご一緒できることを楽しみにしております。仕事を忘れて音楽三昧ですよ。

広告