EQ_1987

しばらく前にやまねさんに紹介してもらったEQ。
たまたま渋谷のレコファンに寄ったら、ご奉仕品に埋もれてましたので救ってきましたw

プロデュースにArif MardinとReggie Griffinが大半関わっています。
Reggie Griffin色ってのがあまり感じられないのですが、実際1987年作品ですからファンク一辺倒では売れない時代。ファンクもエレクトロ・ファンクでこのEQのキャラクターに合わせて若干ポップな味付けになっています。ソウルというには厳しいナンバーが数曲ありますね。

ブラコン的なスロウが逆にいい感じです。A-4 “Every Time I Close My Eyes”がなかなかの出来映え。うむ?どこかで聴いたことがあるタイトルと頭を駆け巡りましたがあのBabyfaceのナンバーではなかったです。Reggie GriffinといえばBabyfaceとManchildで同グループであったわけで、もしかしてライティングに?という繋がりはないようですね。
B-1″Stand Back (Take A Look)”がなんともテンダーな味わい。このあたりエグゼクティブプロデューサーにGregory Abbottを迎えてる嗜好が加わってのかもしれません。B-2″Is It Over?”がとても素敵なスロウ。EQというボーカリストは甘い声でナィーブ、その優しさが憂いのある旋律に合うのかもしれません。

このEQ、アルバムは1枚のみ、シングルもカットされた3枚のみで活動は終了したようです。1987年・・・R&Bでは端境期の難しい時代であったわけで、そういった狭間で埋もれてしまった感があり、この後がないのは残念ですね。

広告