The Controllers / For The Love Of My Woman

controllers

複数枚所有シリーズ、第?弾ですw
好きなものは基本2枚買いです。更にCDもとなりますね。それがソウルファンです(アホ

Controllersの87年作、このアルバムDUで100円箱なんかに収まってたりするのですが、わたしの査定では1,800円くらいなんですがねぇw。内容よし、ジャケよしなんですから。
あの泥臭い南部の骨太グループが、なぜに洗練されたグループに変貌したのか定かではありません。ハッシュ系で製作されたStayも「あんたらこんなんちゃうやろ」といったシティ派に成り上がり、このアルバムではシャンパングラスを持つ余裕w

なんといってもSam Dees作のPlay Timeにつきます。ファルセットづかいで昇天必至のナンバー、このナンバーだけで酒おかわりできます。更にこのアルバムにはあのOpus7のVictor Burks作Sleeping Aloneのメロウトラックが冒頭に。やっぱりセンスありますわ。自身のOpus7もトロットロのスロウを聴かせてくれましたが、このナンバーも素晴らしい。
更に更にw、Temptationsのアリオリ、ロンタイソン、そしてNorman Harrisが製作した表題曲、このメンツが作るんだから悪い訳がありません。まさにその当時のテンプスといった軽やか且つゴージャスなコーラスに痺れます。
B面がまた最高。Gary TaylorのナイスダンサーKeep It Touchから始まり、ワイングラスを回しながら摩天楼を見下ろすというシチュエーションが似合うナンバーばかりで、ラストのナイスミッドMy Secret Fantasyまで一気に聴かせてくれる。
このアルバム、あるうちこうときや、といった関西のどこかで聴いた台詞も自ずとでてきますな。

広告

2 thoughts on “The Controllers / For The Love Of My Woman

  1. My Secret FantasyはなぜかStayにも入ってるんですよね。この時代はやっぱいいなあ。Knocking At Your Doorとか大好物です。

    1. >My Secret Fantasy
      ほんまや、B面あたまにありました。バージョン違い?てなことはないか。
      自分達で焼き直しならわかるけど、間が開いてなさ過ぎなので、曲埋めるだけやったのかな。
      >Knocking At Your Door
      Charie Singletonのナンバーですね。

      このアルバム後はいまいちな印象ですが、97年の復活作Clear View はそこそこの内容だった記憶があります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中