Seawind / Seawind

seawind_1980

最近、猫の看病や仕事の内容(これいつもですがw)で幾分体力気力が落ち気味。そこで欲する音楽っていうのは、どファンクとか熱いボーカルはしんどくて聞けなく、どっちかつうと穏やかなものを求めますね。実際、レコ屋寄ってもアナログコーナーでフュージョン、AORのラックをまず見てたり。でも、誰から聴いたらいいのかよくわからんので、とりあえずメジャーなもんをチェックしてます。

きょうはそんなジャンルでSeawind。ハワイ出身のフュージョンバンド、1980年のアルバムです。
まずジャケットがいいですね、これ。曇り空に海鳥です。海鳥はオレンジ色、夕日のごとくコントラストされてます。飾りたくなりますね。

プロデュースはGeorge Duke。ちょうどBrazilian Love Affairリリースで勢いがこれから乗るところ。明るく弾けたGeorge Dukeらしい音がアップナンバーに。Larry WilliamsやKim Hutchcroftなどバンドメンバーがプロフェッショナルな演奏で、後にセッションミュージシャンとして活躍したのも頷ける。ゲストミュージシャンにJerry Herryというグラミー賞を受賞したトランペッターをゲストに迎え、ホーンセクションの格好良さには痺れます。

このアルバム、なんといっても”The Two Of Us”に尽きます。ゆったりとしたデュオでの掛け合いから始まり、柔らかなカッティングギターと小気味良いホーンセクションが徐々にリズミカルに演出する素晴らしいAORナンバー。この1曲だけでもマストなアルバムです。
サウンド重視で聴いてしまいがちですが、リードボーカルの紅一点Pauline WilsonのキュートなボーカルがSeawindのウリでもあるでしょう。

広告

Seawind / Seawind」への2件のフィードバック

  1. お疲れですね。このアルバムあったような気がするんですが、見つかりません。フュージョン、AORいいすねえ。久々にアール・クルーとベンソンのCollaborationなんて聞いています。爽やか~です♪

    • いろいろ疲れてますが、最終的には開き直りで進むという、いつものパターンですw

      このアルバム最高ですね。もう一枚Seawindストックしてますが、そちらも相当気にいってます。
      AOR・FUSIONはおちつきますね~
      あ、そのコラボアルバム、昔テープで持ってましたよ。もうないわ。
      レコード探そかなあ・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中