Luther Vandross / Forever, For Always, For Love

LutherVandross_1982

もう春ですね~コート類もそろそろクリーニングださないとね。冬もの一気にクリーニング出すと相当出費。そうそう、イギリスやフランスの方ってあまりクリーニング頻繁にしないみたいね。せこいっていう話やけど、生地が傷むってのもあるみたい。日本人は潔癖症やからね、ワンシーズンに一度はってのはあるか。昔、安いクリーニング屋にテーラーものだして、どうしようもないプレスされて帰ってきた時は泣いたな。クリーニング屋も選んだり、出すときに指示しないととんでもないことになるよ、ほんと。

さて、きょうはLuther。
1982年の作品で、かの松尾潔さんもUSBGで絶賛する1枚である。
地味なアルバムでこそ、真に凄いヤツだと気づかせたとコメントされているが、まさしくそのとおり。
華々しいNever Too Muchのようなナンバーはなく、押さえ気味なナンバーが並ぶ。その中でも刺激的なナンバーでこれこそルーサーといえるナンバーに”You’re The Sweetest One”と”Better Love”がある。Doc PowellのカッティングギターとMarcus Millerのスラップが気持ちよくリフを重ねる楽曲、そしてルーサーが怪しく歌う、たまらないナンバー。

スロウも流石といえる。”SInce I Lost My Baby”(Tempsのカバー)~”Forever,For Always,For Love”という2曲が次に鎮座する。TawathaやCissy Houstonなどの女性コーラスがまさに男をたてるように盛り上げ、Nat Adderley,Jrのピアノといいストリングスの流麗さ加減といいバックが最高であるし、なにせルーサーの歌のうまさに圧倒される。
B面のラストは”Once You Know How”というミッドナンバーであるが、何気に大好きである。後期Lutherはこういう作風が多くなるような気がする。

ジャケットの顔も自信に満ち溢れてるし、82年とい黄金年ともあり、最高作といって間違いない。

広告

Luther Vandross / Forever, For Always, For Love」への8件のフィードバック

  1. これと次のBusy Bodyはリアルタイムで聴きたかったなあ。いまいち売れなかったせいかFMでもあまりかからず、貸しレコードが流行りだすのはThe Night I Fell In Loveあたりからですからね。バイトするようになってリアルタイムで初めてルーサーを買ったのはGive Me The Reasonでした。

  2. 約1年前、Lutherのソロ作はCDで残しLPはすべて処分してしまいました。
    が、この1ヶ月でNever Too Much,The Night I Fell In Love,Busy Bodyとこのアルバムは買い直しました(爆
    LPの大切さを最近になって身に染みている今日この頃ですw
    あとGive Me the Reason,Any Loveを買い足して、気持ちを晴れ晴れに持っていきたいと思いますw

    • こないだNever Too MuchのLPを買おうかと思いましたが、やめました。
      キリがないですもんねえ。結局今度買うかもしれませんが…。w
      やっぱ当時の音で聴きたいですよねえ。
      リマスターCDとかハイレゾとか、音はいいのかもしれないけど
      昔聴いたあの音じゃないんだなあ。やっぱりLPじゃなきゃなんでしょうなあ。

      • いかがお過ごしでしょうか(^_^;)
        まいどのことでありますが、年度末のみプチ忙しい日々でございました。やっと4月、落ちつきそうです。
        Never too muchやめましたか!買うの。あれこそLPで持っててください。というわたしも処分してたくちですが汗
        ハイレゾに関しては一生手に入れないかと思います。どれだけ良い音なのかしりませんが、針を落として楽しむ行為などないあいそのなさ、かなり減点です。
        しかしあれですねぇ、ディアンジェロやファレルがアナログで新譜だしてますが、高価過ぎないですか?やっぱ2000円くらいで買いたいですね。

    • ディアンジェロ・アナログ買いました。高価ですが、今の状況で当時の値段はむりではないでしょうか?当初のCDが3500円だったことを考えると、それくらいは仕方ないかと。最近買う枚数も激減だからなんとかなる??

      • 確かにプレス枚数はたいしたことないでしょうし。本体以上にジャケットなどコストも高めでしょうしね。販売しても利益はないかもしれませんね。アーチスト側のポリシーで製作される部分が大きいかな。
        chicの新譜、LP出たら買うかな。

  3. 月日の経過と共に良さが増すような、まさにエヴァーグリーンなソウル・アルバムですよね。
    私個人としてはLINEにこのジャケを使っておりますw

    素晴らしいエントリーありがとうございます。

    • taxyさま

      ご返信かなり遅くなり、誠に申し訳ございません。
      しばらく体調不良等、PCに向う時間もなく、えらい過ぎてしまいました。

      いや、ほんとルーサーは聴けば聴くほど味わい深い、するめ的なナンバーばかりですね。このアルバムは特にそうです。
      LINEでこのジャケですか。本当に好きなんですね~

      またそちらにもお邪魔させていただきます!ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中