Solo / Solo

solo

Soloについてはメジャーなグループなので、皆さん多くをご存知でしょう。Terry LewisとKaryn Whiteが街頭でパフォーマンスしていた彼らに惚れ込んで発掘されたという逸話はあまりにも有名ですね。ただデビューアルバムでの4人はオリジナルメンバーが2人いないという、すべてが順調に進行したわけでないようですね。James Smithというひとに限っては射殺されたという悲劇もあったようです。

このデビューアルバムは、90’sグループの金字塔的な存在でした。当時のBMR年間ベストアルバムではほとんどのライターに1位に評価されましたのを記憶します。

わたし自身サムクックを聴かない、軽めなソウルファンであるからに、カバーのクオリティは評価できないのですが、オリジナルを挟んでカバーを散りばめてるところ、グループのカラーをあえて打ち出しているのでしょう。
製作するJam&Lewisの計算された楽曲は本当に聞き所です。クラッシックなイメージは踏襲、モダンな味付けをしたアレンジには脱帽。Blowin’ My Mindの軽快なスネアやDramaticsのネタもサラッと使うXXTRAあたりのナンバーは流石です。
それに合わせてSoloのパフォーマンスはバリトン、テナー、ファルセットと縦横無尽に駆け巡り、もう何人で歌っているのかわからないくらいの万華鏡状態。どれも素晴らしいオリジナルナンバーですが、その中でもIt’s Such A Shameは、これこそソウルと言わしめるボーカルワークで身震いもの。
トータル70分58秒の大作、圧巻です。

さて、現在はEunique Mackが離脱して3人編成、久しぶりのアルバム(EP)を発表し話題になっていますね。将来、LP盤の発売はあるのでしょうか。

※来日時の感想はこちらで。日記部分を抽出した別ブログです。たまに更新していますので、どうぞそちらもよろしくね。

広告

6 thoughts on “Solo / Solo

  1. hirooさん、夜な夜な再び失礼致します😆

    極めて私的熱量が高過ぎるコメントを…どうかお許し願いますネ…🙏🎵

    どの角度から詳察しても、90’s Vocal Groupの最高峰であるSOLOがお相手ですからねー🎵🙋👏🎵 !!!!

    発売時、池袋HMV でこのセピア調ジャケに堂々と佇む男四人衆とご対面!…試聴直後に体感・納得させられた”New Classic Soul “のロゴ!!…自然発生的に現場(ストリート)の臨場感をシンプルかつ力強いベース音が導き、鋭く斬り込むストレートな熱きリード、それに寄り添う心踊るハーモニーの見事な調和!!!…もはや狂喜乱舞、嬉し騒がしでレジに向かった若き日の自分を想い出してしまいます🙌🎵

    そして、1996年 7月18日(木)~20(土)、同地池袋のアムラックスホールに急遽来日の報を伝えてくれた”Blowin’ My Mind “の CD Single!!は私の宝物であります😉👍🎵

    完全無敵なこの1Stの中でも、”Back 2 Da Street ” からドクン!ドクン!と響く心拍音の如きボトムの効いた繋がりの同曲は、本当にカッコ良く、私にとって永遠のループであり、ワクワク恋愛歌を超越し、人生の応援歌として燦然と輝いております😆✊🎵

    19日(金)のライブでは粋なスーツ姿(特にDarnellが超カッコマン!!)で、とにかくがむしゃらに歌い、演奏しまくる熱若き四人に場内釘付けの大興奮😋👏!!!
    終演直後は会場の皆さんから怒涛の握手攻め…
    メンバー其々が演りきった満足感を露にした表情で、真摯に一人一人と応じている姿が更に深い感動を誘いました😃👏

    やんちゃなEunique Mackと目が合い、固い握手を交わしながら…咄嗟に出た私の一言、”You Are Really G.G.G.G.Great !!”に瞬き一つせず、グッと見据え頷いていた勇姿は今もクッキリと脳裏に焼き付いております😃✊🎵
    (唯一のソロ作、”Make It Real Hot”も当然宝物です🙋🎵)

    そのEuniqueが脱退してしまった現在のSOLO …私的には本当に寂しいですが😢…円熟味も増して活動を続けている事実!これが何よりも嬉しい知らせです😃👌🎵

    ライブでの勇姿を再びワクワクしながら観たいですョー🎵✊😆✊🎵

    1. Ura-kenさん
      1度目の来日、池袋でライブがあったんですね。アムラックスですか。今の仕事場から近くですw
      もしわたしが当時東京で、今の仕事をしていましたら、会社帰りに寄れてたところ、残念です。
      わたしの場合、幸い大阪で見ることができました。ブルーノートだったと記憶します。デビューからまもないので、盛り上がりはハンパなかったですね。
      Euniqueはクールな印象でした。2度目の東京では逆にラフな感じで。
      抜ける意味合いって本人にとってなんなんでしょうね。十分ソロでやっていけると思ったのでしょうけど。
      グループにいてこそ、引き立つ存在てのは、絶対にありますけどね。喧嘩別れではなさそうなので、もしかして何年後かにカムバックしたりして。というのも、現在のSOLO、編成ではボーカルがデュオ状態でしょ。これは正直物足りないんです。誰かで埋めることをしない考え方も素敵なんですが・・・

      1. hirooさん、お晩です~😃✋

        ライブでの興奮さながら!?先日はコメントが熱過ぎまして大変失礼致しました…🙏🎵

        仰る通り、Eunique 抜きである現在のSOLO はVocal Duo ですから…

        激辛激唱 Darnell とSexyスムーサー Daniel 二人の”歌ぢから”で観客を魅了出来たとしても、超強力な一人がいなければ…Group としての感極まるスリリングさは欠ける…これは否めませんよネ…😖

        双方のYOU TUBE 動画等を幾つか観賞しましたが…興奮しましたネ😉👍🎵
        (どうしても贔屓目に観てしまいます😄)

        それでもやはり、四人揃ってのSOLO として、新曲&Soul 大懐メロLIVE !!
        これをもう一度眼に焼き付けたいです✊😆✊🎵!!!!

      2. EuniqueのYouTubeを見てみました。

        地道に路上でやってるようやないですか。こういう姿を見ると、応援したくなりますね。ソロのナンバーは歌えへんでという気持ちでしょ。
        永遠の自分探しですよw
        ソロでもよく掴めないパートですが、だからこそグループとして必要だったのだと思います。

  2. hirooさん、再度こんばんは😃✋

    Eunique の動画アップに感謝致します😆👍🎵

    “Staten Island Ferry Port In NYC”…実は私もこれを昼休み中じっくりと観入ってました😋✊🎵
    ジャンルを問わない、正にClassicalかつ奥行き深い”歌声そのものの魅力”を十二分に堪能出来ますよネ😉👏

    事情は勿論違うのでしょうけれども、Le’ JitのRoi Anthony もソロ作2枚を発表後、
    傑作3rd、”New Begininning “で見事復活!!!してくたように😆👏、ここはGroup の一員として、やんちゃな性格!?(悪く云えば拘り強すぎなワガママとも…!?)のEunique にも、どこかで落ち着いてほしいですねぇ…そして現行のSOLO に彼の受け皿が絶対にありますように…🙏🎵

    ずうーっと孤高のVocalistでやっていくのは…さすがに厳しい現実なのでしょうからネ😆✊

    1. Ura-kenさん
      こんばんは。
      仕事、呑みwで忙しくご返信遅くなりました。
      そうです、SOLOも新メンバーを迎えていないので「ポスト空き」の状態です。
      あえて・・・なのかもしれません。
      もちろん新メンバーを加えても、「お給料いただけるんですかねぇ」wてな状態ですし、なかなか厳しい現状ですしね。ただ精神として、Euniqueのポストを空けているのであれば、それは歓迎すべきSOLOのマインドです。
      Le Jitは本当に兄弟という、強靱な繋がりがありますしね。長く長く続けて欲しいです。
      オヤジグループ、というまでにはまだ到達していませんから、まだまだ大丈夫でしょう。
      そう、わたしも3rdが一番好きです。これ以上の作品も期待できると思います。
      ではでは。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中