Tim Owens / I Just Wanna Love You

timowens

1991年Atlanticからリリースされた1枚、Tim OwensのI Just Wanna Love Youです。

なぜ久々聴こうかと思ったのが、このまえCool Millionの新作を購入したら1発目めに彼がフィーチャリングされてたんです。オーッ久々やんと驚いたしだい。
Cool Millionは前作もEugene Wildeを使ったり、キャスティングが絶妙なんですが、今回もこのTim Owensしかり凄いことになってましたので、後で記事します。

Tim Owens、アルバムとしてこの1枚だけなんでしょうか。これ以降は裏方の仕事でK-Ci & jojoのEmotionalでクレジットを見かけます。最近ではAl McKay Allstarsのメンバーとしてライブで頑張ってるようですね。

アルバム内容です。HeatwaveのDerek Brambleが製作の中心です。
けっこういい喉をしてるんですよ。1曲目Smileのミディアムからじっくり歌い上げる実直なボーカルスタイルはJeffrey Osborneを彷彿させます。喉は似ていないですが、丁寧に唄う感じですね。
3曲目と4曲目が涙ものです。まず3曲目、I’m Hooked。ブラコン調の音づかいがわたしの心を鷲掴みにしてくれますw。今でも同じ感覚で聞けましたので、自分はある一定の時間から嗜好が止まってるんでしょうね。
そして4曲目Forever My Love。Derek Brambleがすべての演奏を手がけてることですがセンス良過ぎです。By All Meansも真っ青のクラシカルなのにモダンなミッド。コーラス、サックスといいサポートする楽曲の素晴らしいこと。それにTim Owensが情感たっぷりに歌いこなします。
まだこれでは物足りない方は飛ばして8曲目Let’s Get Blueを。Anne G.とのデュエットナンバーです。イントロは雨音と雷から始まるSEからツボを突きまくり、目を合わしながら愛を確かめるまさにこの時代にしか味わえないバラッドです。ラストの転調といい悶絶ものですよ。
ということで、次はCool Millionです。

広告

Tim Owens / I Just Wanna Love You” への4件のフィードバック

追加

  1. ソロ・アルバムも出ていたんですね。Cool Million評も楽しみにしています。どうも同じところにいれない自分は無駄に範囲が広くなってしまってCool Millionまでたどりつけていません。(笑)

    1. DEさんの場合、ジャンルレスに音楽を楽しんでますからね。そら、1枚味わうのにも時間がかかるかと思います。わたしの場合、狭い中・・・現行R&Bはほぼナシwwでオールドスクール、再発ソウルだけですからねw

    1. どうやらこの盤もBOOK OFFで見かけなくなりました。
      makiさんに報告しようと思っていたのですが、うちの近くのBOOK OFFなんですが、どうやら金欠のファンクファンがごっそり買取に出したらしく、FTGやVinyl Masterpieceの再発盤の山になっていました。価格設定が500円とわたしには割高wwwだったのですが、ここぞとばかり、8割ほど買い占めてきました。20枚ほど買ってしまったのでそれで諭吉さん飛んでいきましたwww
      嬉しいやら悲しいやらで、少しやるせない感じです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。