Cool Million / sumthin’ like this

Sumthin'Like This

Cool Million 4作目(もうそんなになるんか)のsomthin’ like thisです。
わたしの嫌いなペーパースリーブです。仕方ないかw
なんでペーパースリーブなんでしょうね、この前のTuxedoもそうやったし。どうも安っぽいし、ラックに収め辛いし。CDケースであと許せんのがVinyl Masterpieceがよく使うスーパージュエルボックスてやつ。SHCD盤で多いらしいのですが、これ完璧な特殊ケースでしょ。けっこうヒビいって割れてるCDケースが多いんやけど気軽に交換できんし。こういう企画って普通のCDプラケースに統一できんもんかいね。

脱線しました。
Cool Millionの前々作?になるのかなBack For Moreはソウルファンを唸らせてくれました。Leroy BurgessやEugene Wildeの起用。反則技ですがこのCool Millionは1stから一貫して80年代に活躍したアーティストを引っ張っては自身のナンバーの質を高めています。
さて今回はなんと・・・先に記事にしたTim Owensに冒頭、タイトルトラックを任せています。わかるひとはわかる・・・といった人選ではないでしょうか。そして目玉がふたり、3曲目TonightにGlenn Jones、14曲目Be AlrightにMarc Sadane、おっと9曲目summer breezeにMichael Jeffriesのクレジットが!それぞれのナンバーのことを文字で現すのは限界がありますので聴いてくださいw。

はっきりいって今作は異常です。Glenn Jonesですよ、あの。
Glenn Jonesの1st,2ndがお好きなソウルファンには今作はたまらないダンサーになっております。正直当時のLeon SylversやMtumeメンバーで製作されたナンバーには劣りますがボーカル自身は劣化してません。まだまだイケると確信しましたので、是非ソロアルバムをCool Millionバックアップで製作をお願いしたいと嘆願します。

しかしCool Millionは1stから今のディスコムーブメントを流行もなくオタクの世界でやってきたわけで、あと咲きブレイクのDaft punkやTuxedoに美味しいところを持っていかれた感はありますが、再評価されていいユニットかと思います。
こういうアルバムが起爆剤になって、それぞれのアーティストがまた日の目を見る業界になることを説に願います。

※Cool Millionのsoundcloud貼っておきます。

※Glenn Jones貼っておきます。

広告

12 thoughts on “Cool Million / sumthin’ like this

    1. ちゃんと聴いてみますと音は軽いんですよね。ファンクというよりディスコです。
      そのあたりデンマーク人とドイツ人のユニットであるから・・・と思ってしまいますね。
      Tuxedoも結局、白人ユニットやし。黒人はこういう音は古くさいのかポップ過ぎなのか興味ないんでしょうかね。それならEDMはどうなるんやっていわれると?わからん。

  1. ほほーー。なるほど。白人さん!軽めな音はドライブなんかでも良さそう^^
    実力のある黒人歌手の方達がどんどん活躍されたら嬉しいですよね♪

    1. T.Oさん
      こんばんは。
      そうなんですよ~、こんだけブラックのボーカリストを集めてもサウンドは白人が主体なんですね。
      実際にオランダ、フランスっていう国は昔からブギー、ディスコサウンドが大好きで、それ中心のレーベルを持ってたりしますから理解できます。本場ではなぜか(アフロアメリカンの世界では)どうでもいいサウンドだったりするんですよね。不思議。
      >実力ある黒人歌手・・・
      ほんとそうなんです。埋もれまくってますからね。
      SHANACHIEという素敵なレーベルがありますから、そういうところのバックアップで活躍してほしいです。

      1. そういえばTuxedoも良いですよね!
        この2か月程ウォーキングしてるんですが、最近のBGMは、コレとDo it とIm every woman をヘビロテしてます!歩くのに丁度よいリズム(^o^)/
        途中で踊り出しそうになる時もありますが、グッとこらえて走り出してます。笑

      2. T.Oさん
        こんにちは。お返事たいへん遅くなりました、ごめんなさい。
        TuxedoやこのCool Millionなどは軽快なサウンドですので、そうウォーキングにいいですね。
        ウォーキング・・・えらい健康的やないですか。最近、わたしも疎かにしていますので倣ってみます!

        途中踊り出してもOKやないですか?笑 ファレルのHappy!のような感覚でね~

  2. hirooさん、どうもお久しぶりです。

    秋真っ只中ですが、とてもお元気そうでなによりです。

    私は”現行R&B”を殆ど聴いていないクチでありますが、この作品にはやはり食指が動かざるを得ませんでした!!

    純粋に吸引力が凄まじい、”高揚・躍動・懐古・そして正真正銘の現行感”にみなぎる、正に全方位的サウンド・プロダクションと軽快かつも黒光りも艶やかな歌唱の融合!!
    やはり、堪りませんよネ♪♪

    あのきらびやかなブラコン実力派singer達がこうして再浮上するとは…。
    新たな脚光を浴びるに相応しい、新旧の素晴らしきsinger 達が結集した贅沢・満足三昧なアルバム!!
    新旧の音楽ファンも連動で盛り上がり、今後の業界活性化が大いに進むことを強く願っております♪♪

    「軽かろうと、良いものは良い!!」ズバリ、これに尽きます。

    実力派の証でもある”粘り腰の歌唱力”により磨きがかかったTim Owensに始まり、流石のスゴ喉!!Glenn Jonesは余裕の若返り化を謳歌していて本当に嬉しくなります。

    どっしりベース音に身を委ねたGavin Christopherの堂々とした佇まい…。Michael Jeffreies の爽やかな渋み具合も…ウーン、とっても素敵な仕上がりですねぇ♪♪

    “深遠なる歌い手”であるMarc Sadaneはしっとりと実に艶やかなアルバムのエンディング締め括る…。

    全編にわたり、余韻を残しつつも一曲をフェードアウト扱いにしないところ。これがまた、リピートを促す粋なMagic …!!
    拘りのユニット、Frank RyleとRob Hardt両氏に拍手喝采であります。
    中ジャケットでのすっとぼけ具合…実に憎めない。(笑)

    後れ馳せながらも、Cool Million
    の世界を愉しく堪能していきます♪♪

    1. Soul Crazy Ura-kenさん
      まいどありがとうございます!久しぶりの熱いコメントに感激しております。
      本当に細やかに描写する感動、さすがUra-kenさんです。
      Cool Million、1stから聴いていますが、このアルバムで更にやられましたよ。
      結局のところ、このお二人も80’s SOULマニアなんですね。いや90’sも入るのでしょうか。Tuxedoのふたりもそうですし、愛情を持って音楽を聴いてる方はどこか違いますわ。模倣といわれてもいいです。ここまでレジェンド達を集めて、しかもまったく衰えていないコンディションでレコーディングさせてた手腕、素晴らしいですね。
      しかし白人のほうが80’s熱いってのは最近の傾向ですが、なぜなんでしょうね。
      またお越しくださいませ。最近、ブログのレイアウトを変えてクールな感じ^^;にしてみたんですが違和感ないですか?

  3. hirooさん。こんばんはー (^o^ゞ

    日々肌寒くなりつつありますが、どうかご自愛のもとでお仕事にチャレンジしていってくださいネ。(^-^)v

    私も「風邪知らず」で何かと忙しくなる年末に向けて精進致します(^^)v

    素晴らしきかな Cool Million / Sumthin’ Like This !!
    この鉄壁な銀盤さえあれば正に「鬼に金棒!!」で、日々の疲れもホントふっ飛びますョ♪\(^o^)/♪

    全曲文句なしの大満足盤でありますが、特に冒頭からの4曲は本当に私のMind, Heart & Soul に響きまくりでして…唯一、寝不足が心配になります(*^.^*)

    添付して頂いている “tonight ” ft. Glenn Jones …おっとビックリ広大な!?体躯での横揺れ・縦揺れ♪♪がかなりオチャメでありますが、あの雄叫びが健在!! やはり来日Live (お願い。来てぇ~😚)での勇姿拝見&堪能を期待致します!!
    実に愉しそうで、観客も笑顔でノリノリ必至ですしネ♪\(^o^)/♪

    それと8曲目のアッパレ”do you right ” ft. Janine Johnson…アルバム中随一のドFunk歌唱に思わず、「姐さん!!」
    と唸ってしまいました。凛とした歌立ちは現代版Cherrelleだぁ♪♪

    歌える男女の煌めきが尽きない、心躍るサウンドの担い手であるRob & Frank 両氏。”歌声だけは真っ黒であるべき”と、かつてからの憧憬・尊敬の念を込めつつ…hirooさんの仰る通り、揺るぎない愛情を持って制作活動を継続してきた、紛れもない生粋の80’s Black Music Freak なのでしょうネ♪♪
    音楽で繋がる白人&黒人の共同作業の誇らしい贈り物…悪かろうはずありません!!
    今後も末長く、愛情をもって愉しみながら応援していきますョー♪\(^-^)/♪

    P. S . とっても親しみやすくて、そう、”Cool Million 級”の素敵なブログ・レイアウトですョ♪(^^)d♪
    私の黒音悪友!?にも「是非ともドアをノックしてみなさい♪♪」と訪問をオススメしておきました。(笑)

    1. Soul Crazy Ura-kenさん
      こんばんは。きょうも仕事で遅くなり、家帰ってから、す焼きそば(具ナシ、肉かすのみ)を炒めて、第三のビールである麦とホップと合わせてたいらげましたw
      こんな時間に炒めもん、身体がおかしくなりそうですがw

      最近、普通のR&Bもない時代ですからね。貴重なアルバムですね。
      歌モノがなぜに盛り上がらないんでしょう。市場はおかしいままこの2010年代は進んでいると思います。成熟していない?のかなと思います。わたしは中年になってシャナチーやエクスパッション等、おいしいレーベルで気を紛らしていますが、一般的にはダムファンクのようなサウンド重視は別にして、本格R&Bは蚊帳の外、なぜに歌えるシンガーが目立たないんでしょうね。いやJohnny GillやJoeなど、延長線上のシンガーは別にしてなんですが。

      やや愚痴にはなってしまいましたが、結局のところそんな状況なので、このCool Millionなんかがフッと息をつけるアルバムであって、頼ってしまいますね。
      なにやらもどかしい現代であります。

      ありがとうございます、お友達様へのブログ紹介。わたしは息抜きとしてこのブログをやってるので、こういう時間を共有できる方々、Ura-Kenさんも含めほんとウェルカムです。嬉しいです!

  4. hirooさん、こんばんは。

    なにやらもどかしい現代…
    そうです。私も同感であります。

    Cool Million のアルバムに大抜擢されている実力派singerの方々が、メジャーでとはいかなくとも次々とアルバムdebutを飾れるような…真に厚みのある現行シーンの成熟を望んでおります!!

    Expansionでは毎年、実に良質なcompilationである LUXURY SOUL で、新旧の実力派singer達の新曲紹介・新作の後押しに尽力していますよね。Tim Owens / Here In My Heart (2013)で”粘り腰”を披露済み♪♪
    そしてこれは驚愕のLuther 瓜二つ!!繊細かつ広大な歌世界を繰り広げるMarc Staggers やVictor Haynesの嬉しい復活と円熟味溢れるurbanな作品の充実ぶりはホントに喜ばしい限りです♪♪

    故:テディ・ペンをも凌駕するマッチョ声のBert Robinsonや”Mr. Hush Pro.” Paul Laurenceの2nd等の再発も、80’s 回帰に一役買っているようでとても好感を抱きます♪♪
    今後も是非とも推進して頂きまして、新たな聴き手獲得に繋がって欲しいところであります!!

    ShanachieでのGlenn JonesはR&B Classicsをじっくりと歌い込み、Cool Millionできらびやかなサウンドに搭乗し、現行シーンに躍り出る…!!

    現行シーンが真の実力派に脚光を向けるものへと変化していくことを心底願いつつ、今夜も唸りながら熟聴します♪♪

    1. Paul Laurence・・・Hushプロダクションとなるとわたしがソウルにのめり込んだ時代でありますので、クレジットで見かけるだけでテンションがあがってしまいますね。
      こういう時代、また来てほしいです。どんだけ夜長があっても足りません、聞き続けるには。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中