Babyface / Return of the Tender Lover

returnofthetenderlover

1 We’ve Got Love
2 Fight for Love
3 Exceptional
4 Walking on Air (feat. El DeBarge)
5 I Want You (feat. After 7)
6 Love and Devotion
7 Standing Ovation
8 Something Bout You
9 Our Love

Babyfaceのアルバムがまもなく発売される。12月4日、Def Jamからのようだが前のToni BraxtonとのアルバムがMotownであったので、前から契約の取り決めがあったのだろうか。
AZさんから情報を頂戴したとおり、先行でお披露目になってる同名同曲と思われる”I Want You”が含まれる。こちらはFt.After7といった曲名になっているが、はたしてBabyfaceがリードを取る、例えば角松敏生がYou’re My Only Shinin’ Starを歌うのと同じ流れなのか(笑)、どうも掴めない。このアルバムがリリースするタイミングでこの記事を追記することにした。
さてアルバムタイトルしかり、あの時代回帰を狙ってのLa Faceサウンド復刻と捉えたいが、私的にはToniとのアルバム恋愛~結婚~離婚(笑)が最高であっただけに、耳が肥えた状態なので、期待反面、心配もあることを述べておこう。先行のWe’ve Got Love、最近のBabyfaceにはないアップリフティングなナンバーだが、反面Tender Loverのようなワクワク感が希薄なのだ。どうもあの時代、ニュージャックに乗ったLaFaceサウンドやハネ感が感じとれない。
他のナンバーも含め、総合的にこのアルバム追いかけていきたい。

追記:
昨日、タワーで購入した。
日本盤もあったがボートラは入ってなかったような。結局、海外盤を購入。
確かに好きなアーティストの新譜にはワクワク感があった。TONIの時と同じくらい。
聞いてみた。やはりといってはなんだがTONIとのアルバムの延長線上にあるBabyfaceだった。Return~ VS Tender Lover・・・そのサウンドだけを搔い摘んで比較するのにも無理があるってもんだ。その時代のハネ感やこれぞBabyfaceサウンドというオリジナリティの突きぬけ間を求めたら。でも、After7とのナンバー”I Want You”にはウルルと来たのは正直なところ。
I Want YouはAfter7のバージョンと違っていた。BabyfaceからのAメロであった。兄弟の中でも中間?のBabyfaceの甘い声と更に甘いKevonとのボーカルワーク、これぞ90年代に酔いしれたものそのものだった。(Milestoneだっけ)
もちろんこれ以外のナンバーも素敵ではあり、本人が語るグルーヴの回帰は嘘ではなかったし、生音の使い方も絶妙である。
またキャリアに磨きをかけたアルバムといえよう。

広告

Babyface / Return of the Tender Lover」への24件のフィードバック

  1. 5曲目の “I Want You feat. After 7” と
    After 7が現メンバーJasonの父で旧メンバーのMelvinを迎えシングルでリリースしたProd. Babyface&Daryl Simmonsの “I Want You”
    4:21と3:30、違いは長さだけなのか?
    が現在の注目ポイントです(笑)

    ps. お久しぶりです。環境が変わられたということですが、お元気ですか?

  2. AZさん

    そうですね~After7のナンバーは先にお披露目になってますので、それとどう違ってくるのかが私も楽しみです。違いが長さだけでしたらガッカリです笑

    PS.
    たいへんご無沙汰しております。会社変わりまして、予想に反し激務で平日は帰宅が11時過ぎも多々あり、まったくプライベートの時間がありません。イコール音楽を聴いていません。
    その反動が週末もしくは土曜日にきてまして、ソウルバーやイベント等に繰り出すことが多くなりました。平日はこのブログやTwitterはまったく更新できないので、週末に関しては最近やり始めたFacebookで更新しています。AZさん、アカウントお持ちですか?Hiroo Satoでアカとってますので、宜しければリクエスト願います。

  3. We’ve Got Loveいいですね♪Stevie風でレイドバックした感じで最高♪アルバムも期待してしまいます。

    • ブラックミュージックファンが離れたアルバム、”Playlist”よりは良くなる空気はありますよね。ただ俺が求めるのはTender Loverくらいのグレード感なんです。あの時代はNJSというビートのムーブメントがありましたから、鉄板アルバムになりましたが。
      今回は比較するのも酷かもしれません。だいぶ持ちかえすでしょうけど。

  4. Motownは、2011年から、Def Jamの傘下になっているみたいですね。出たばかりの、Toniさん参加のThe Braxtonsのクリスマスアルバムも、Def Jam印になっています。Motownは、Def Jamグループのクラシック部門扱いになったのかも?

    • Motownは一大レーベルと思ったままでしたが、傘下に所在してるんですね。
      さてこのアルバムどうなりますやら。9曲というのも気にかかりますが。

  5. ぎゃーーーっ!!
    アルバム聴かなくてもこの素敵なジャケットだけでもうお腹いっぱいです、と言いたいところだけど、ワタシは極度の高所恐怖症なのでこういう場所に立つなんてゼッタイに無理よん(関係ない)。

    インタビューで、今回のアルバムは失恋ではなく、恋愛のポジティブな側面から作ったストレートなR&Bとおっしゃっていたので、どちらかといえばアップテンポな曲が多いのかしらね。
    We’ve Got Loveは、2008年にリリースされた新曲(とエドモンズ氏のHPで紹介されている)”I Need A Love Song”という曲になんとなく似ているような気がするわ。
    でも、何でもいいの。
    こうしてお元気で音楽を続けていてくださるだけで充分よ。

    >違いが長さだけでしたらガッカリです笑
    長さは重要です。

    • まいどです。ジャケットはキマってますよね〜。Tender Loverからすると何年経ったんでしょうか。今回、シャキッとしてる雰囲気がありますね。いつも紳士ではありますが。
      なるほど恋愛のポジティブな側面から作りましたか。内向的なイメージも、それはそれでBabyfaceらしいので好きなんですが。そう考えるとTender Loverってバランスの良いアルバムでしたね。後半のスロウナンバーの連続、極上でした。だからこそ、そのような構成にして欲しいのですが、欲張り過ぎかな。
      長さ、とか、硬さという単語だけで想像を膨らませるのは貴女だけですよ^_^;

  6. hirooさん、1年ぶりにおひさしぶりです!
    babyface!今日、アルバム、手にとりました。
    toniさんとの前作は購入に至らなかったのですが、
    今回はtender loverの回帰作となればー
    もー買わずにいれなく・・いやー全曲よかった!
    素直にすべての作品に涙してしまうほど
    心が紅く染まる師走になります。(笑)
    elがfeatした曲は、いまひとつelの存在が薄い
    仕上がりになっていましたが、、
    いやー、でも、よかったー。
    興奮して、コメントここに書かずにいられなくなり、、
    hirooさんとこ来てしまいました、、
    やっぱり、ここなんですもん。。
    こうしたことがお喋りできる場所は
    ここしかないのよん

    • JJさん
      まいどです。こちらこそご無沙汰しております。

      Toniさんとのアルバムもよかったですよ。相当好きです。
      このアルバム、曲順も練られてますよね。かるーくノセるアップで始まり、EL~After7でガーンとひきつけ後半のBabyfaceの世界に引きづり込む・・・やはりアルバムっていうのは作品であるからして、こういう風にメディアで聞くのは意義ありますね。

      JJさん、嬉しいコメントありがとう。そうですね、もうこんなに長くR&BやSoulをアホみたいにグダグダ話しているブログやHPも少なくなりましたしね。わたしもJJさんと長くおつきあいできて嬉しいし、形変われど継続しててよかったなと感慨深くなりまする。
      ではまた~

  7. hirooさん、おはようさんです!
    選曲の順番、そそそ・・・
    うまく魅了させる抑揚術よう~掴んで視聴心とらえて離さない
    曲順にメリハリ感ありますよね。^^
    わたしとしては、faceはやっぱりtenderloverな頃といえば
    My kinda girlな軽快な曲調が好きで、もちろん、スローバラードも好き
    なのだけど、、今回はそんな想いものせてかなり気に入りました。
    収録曲が9曲というこの時代にやや少なすぎる気はしましたけど、
    Blackstreetのteddyも今ではなかなかあの頃のような良曲を生み出すってたやすいことでは
    なくなってきてしまっているように、、
    おそらくfaceも9曲が精一杯?いや、聴き返してしても、その9曲に妥協なく
    制作してくれたことのほうが私としては嬉しいにつきます。
    今更ながらも?faceのプロデュースしたcover集なんかもそろそろありかな~と
    どう思いますん?

    • JJさん

      おはようございます。
      そうなんです、9曲ですね。それぞれがいいナンバーですので、曲数の少なさはさほど気に掛かりませんね。おっしゃるとおり、BabyfaceもTevinやAfter7、ToniやElに頻繁に楽曲を提供していたLa Faceの頃が全盛期で、その当時に比べたら発想力なども落ちてきてるのもしれません。特に革新的なビートやアップものっていうのは年齢と共になだらかに、下降していくでしょう。Teddy Rileyもあらたなビートは無理なんです。そんなことができればとうにやっているでしょうし、できないから葛藤し、自身のバンドメンバーでライブ行脚(それも往年のナンバーばかり)でもしてモチベーションだけは保ってるんでしょうね。
      だからオリジナルナンバーのみでアルバム製作って難しいんだと思うんです。以前と比べられるし、ファンの耳も肥えてるし。Babyfaceにとっては挑戦ですよね。

      Cover集、いいですね。ライブでは提供曲のカバーナンバー・メロデーをやってますよね。絶対アリかと思います。

      • うん、うん、hirooさんおっしゃるとーりだす。
        ふぁんの耳が肥えてしまっているってーのは、ようわかります。
        比較しちゃうのはしょうもないですよね。
        時代の変化もおかれた環境もそのひと自身の内面も変動あっての今やから
        おかれた背景の影響も、おもいのほか、昔以上にはーとはなかなかいかないものですよね。
        それあってのうえで、名曲というものが残っていくんでしょうね。
        勝手に想像しちゃうんですよぉー
        faceは今、前向きにとてもコンディションがよくて、じわじわっと誰かに恋してるのかな~って・・
        こういう曲が書けるようになってくれたってことは、、そうなのかな~って・・
        ふふふ、、勝手にね、、ふふ、、想像しちゃってます。
        詮索するつもりはないのですけどね、、やっぱり、音楽は芸術そのもの。
        私生活の動きあっての生まれる音ってかなり影響力あるかな~なんて思うのです。
        そう思うとこのアルバムは随分変化があったように思えます。
        そ、hirooさんがおっしゃるとーりfaceのチャレンジですよね。うぇーい。

      • JJさん
        おはようございます。
        アーティスト、おそらく誰よりも繊細で感受性が高いはずです。
        そのプライベートでの影響は必ずあると思います。
        Eric Benetも私生活で前妻ハルベリーとの離婚後、しばらくアルバムリリースなく、次に出したのはハリケーンだったと思います。
        あのアルバム、内省的でもありました。やはりあるんですよ、私生活の影響は。その後はManuelaと出会ってプライベートも充実してきたのか、Lost In Timeという超傑作ですからねぇ。
        私生活は関係ないかもしれませんが、BabyfaceはPlaylistでブラックミュージックファンに少し距離をおいたような気がします。
        作風にこだわりがあったとはいえ。その後、必ず迷いもあったと思うんですね。
        時間をおいて、現在。だんだんバランス感覚を戻しつつありますよね。これからが楽しみです。

  8. hirooさん、こんばんは。

    ♪RETURN OF THE TENDER LOVER♪
    本日購入致しました。

    世界中を虜にしてきた美しいメロディの紡ぎ手であるBABYFACE 。

    これまでの輝かしい業績もひとえにPopular music があってこそ…それを愛して止まない人達がいてこそ。

    深い感謝の念が込められた原点回帰。

    四半世紀以上に渡り真摯に向き合ってきた自身の制作活動の礎は、揺るぎない音楽愛。

    童顔な紳士の迸る音楽愛が凝縮された9曲の素敵な贈り物♪♪

    格別の明るさ・軽やかさ・しなやかさに満ち溢れたLove Song 集に心から感謝であります。

    • Soul Crazy Ura-Kenさん

      コメントありがとうございます!
      素晴らしい表現でまとめていただきました。
      是非、わたしが訪問できるUra-Kenさんのブログを開設していただきたいです。真剣にお考えいただいて宜しいでしょうか?^_^;
      ブログサービスはいろいろありますし、パソコンを使わずスマホでも更新可能です。
      ブラックミュージックに対する憧憬、愛、こんなわてのようなブログだけでなく、是非ご自身でも発信いただければ、わたしは嬉しいのですが。
      と無理なお願い事、失礼いたしました。

      おっしゃる通り、このアルバムはポジティブな意味合いが強く伝わる内容でした。なんとなくですが、ストックしたナンバーからかなり厳選したのではないかなと。本当ならあと2~3曲あるのがCDアルバムなら普通ですし、もっとダークネスなナンバーや、尖ったナンバー、はたまたフォーキーなナンバーもあったかもしれません。そこをプロデュースし、今の混沌としたメジャーR&Bに警笛を鳴らすまでの原点回帰に徹したような。
      かなり練られた作品になったのかもしれませんね。

      • hirooさん、こんばんは♪♪

        昨日は少し面映ゆくなる返信コメントを頂きまして、誠に恐縮でございましたが…心よりお礼申し上げます。
        どうもありがとうございました!!
        ♪(*^^*)♪

        世界中が待ち望んだ本作は10作目!!のスタジオ・アルバムということだけではなく、既に”エヴァーグリーン”な響きを放つ、極上の Popular Music であります!!

        明るくも柔らかな陽光に包まれながら…心躍りながらもゆったりと時の流れに身を委ね…そう、かけがえのない愛する人と共に寄り添う時の流れを想起させてくれる…至福の逸品♪♪

        聴く者に「産みの苦しみ」を微塵も感じさせない♪究極の愛の贈り物♪

        サングラスから覗く優しい瞳が愛の素晴らしさを物語る…
        相変わらずの童顔で男前。

        ジャケットに映る高所でのクールな佇まいは…「変わりゆく、変わらないもの=良質な音楽」を常に標榜し、提供し続ける誠実さが滲み…
        物静かかつ謙虚でありながらも、真摯な眼差しで現状を俯瞰しているようでもあり…。

        饒舌さは作品の中でこそ、想う存分に味わえます。

        歓喜の作品をまたしても届けてくれました♪♪

        これまでも、そしてこれからも。
        本当に目の放せない、素敵な大人の男、BABYFACEさんであります。

      • Ura-kenさん
        お返事遅くなりました。コメントありがとうございます。素晴らしい感想、共感いたしました。
        いろいろBabyfaceの活動のことを見てみると、やはり過去の栄光を吹っ切って今があるのか、なと。おそらくですがやりたい音楽があっても、時代が求めてなかったりしたので、ご本人も迷いのある期間があったんでしょうね。
        仕方ないというか、こんな大御所でさえブランクがあるのですから、マイナーでさえもリリースがままならないソウルシンガーが多いことに、変に納得をせねばなりません。
        90年代初期、R&Bの栄光の時代に駆け抜けたアーティストはソロシンガーだけでなくグループも数多く、牽引者であるJodeciでさえ継続できなかったことを思うと、時代の変遷は想像以上に激しく移り変わったのですね。
        そんな中で、強いマインドと穏やかなマインドを両立した偉業者がカムバック、こんな嬉しいことはありません。
        この勢いで、他のアーティストも休眠から目覚めてくれればと思いばかりです。

  9. hiroo さん、こんばんは。

    日々のお仕事、お疲れさまです。
    寒さも厳しい年の瀬で大変ご多忙な中、心温まる返信コメントを頂きまして感謝致しております。

    「強いマインドと穏やかなマインドを両立した偉業者」
    ― BABY FACE ―

    この上ない愛情が注がれたブログマスターの賛辞に心底感激であります!!

    艱難辛苦を乗り越えると…
    ” あなたの眼のいろがふかくなり いのちの根がふかくなる ”

    故 : 相田みつをさんの名言をふと想い出しました。

    優しい眼差しの奥底には、過去の栄光と苦難の時期を見事に吹っ切ってこそ誕生した愛に包まれた原点回帰作への道程が深く宿っているのでしょう。

    後光が差すような自身の大いなる復活劇が、長らく続く陰をも照らす陽光たらんことを!!
    感謝の念を込めて切に願っております。

    • Ura-kenさん

      おはようございます。
      年末とあり、部屋の整理をかなりいたしまして、少しすっきりいたしました。
      実際聞かないCDも多かったので、Disk Union行き、そこで買い取り不可のものはBook Off( ̄∇ ̄)といった流れでだいぶ処分いたしました。さらにプラケースをやめてソフトケースに入れ替え作業。これでだいぶストックのスリム化がはかどりました。
      処分に惜しいものもあったのですが、年に何回プレーヤーに入れるんだと思うと、ほとんど聞いてなかったものもあり、それなら欲するリスナーに渡ったほうが有意義かなと。
      メディアにこだわる世代なのでw、捨てきれないんですよね、CD。まったくこだわらない方はMP3にしてすぐ売っちゃうという方法で、まったく持ってないこともあるようですから。

      Babyfaceさんのはさすがに処分できなかったですね。Loversは風船ジャケ1枚と通常ジャケ2枚を残しておきました。Solarの作品集もいいですしね。もしかしたらthe dayは処分してしまったかもしれません汗

      ところでRedd HottにはほんとにBabyface在籍していたんでしょうかね。この情報ご存じないですか?クレジットにあっても、バンドメンバーだったかどうかは不明で、ジャケットの写真にもいなかったり。

      • hiroo さん、こんばんは。

        一年間のお勤め、お疲れさまでした。
        ゆっくりと正月休みを満喫してくださいネ。

        早くも来る新年を迎える準備を整えていらっしゃるところがさすがです!!

        CDの整理&売却…ここ数年の大課題・挑戦(!?)であります。特に売却がホントに出来ない私でありますので、見習いまして徐々に実行していきます。
        これまた来年度の立派な抱負となりましたョ。(笑)

        おおっ、♪Redd Hott♪
        これはまた懐かしいアルバムですネー!!(約10年ぶりに聴いておりますが、最高のノリです♪♪)

        若き青年の Babyface 参加盤ってホントかぃ…どこにいる!?の話題作でもあり、内容充実の初期80’s Funk 名盤♪♪

        さて、問題の写真検証。
        鈴木 啓志先生のライナー・ノーツでは定かではありませんが、甘茶ソウル百科辞典のカバー表紙(ディールのページ)に答えがあります。プロデューサーの George kerr によると左上の優男だそうですが…なんだか私には Babyface というよりも Sam Cook のように見えてしまうので…謎は深まるばかりでして。
        頼みの綱は Babyfaceさんとは誰よりも接見・対話しているであろう、松尾 “KC” 潔氏から是非ともお話を伺ってみたいところですネ。
        (当然、Gene Riceさんの Blue Notes 在籍証拠写真のご提示も合わせましてネ。)

        ブログ・マスター hiroo さん。
        本年度は大変お世話になりました。おかげさまで愉しさ満喫のMusic Lifeを送ることができました♪♪
        本当にどうもありがとうございました!!
        来年度も度々出没致しますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

        それでは、よいお年を。
        ♪ Love, Peace, And Soul ♪

      • Ura-kenさん

        まいど、詳細ありがとうございます。
        早速ですがRedd Hottの裏ジャケを再確認してみました。
        redd hott
        その左上のお方ですが、George Kerrはどうも酒を飲んでいて適当なことを話したのでは?wと思ってしまいますね。
        当時に高須クリニックがあったとしても、なぜにここまで整形しないといけないのかという疑問もありますしw
        整形する理由も、また元に戻す理由もわかりませんw サムクックですよ、こいつw 
        右上ふたりめのサングラスのやつはどうでしょう。でも鼻が違うな・・・
        ここはKCさんにお願いするしかないですね。ここ読んでくれてたらコメントください。(無理

        とうとう年の瀬ですね。いろいろと楽しいコメントありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。
        更新頻度は月によって異なる傾向ですが、なるべく心がけたいと思っております。それもいい新譜が出てたらすぐ食いつくんですが。
        なかなかピクッと反応する新譜がないのが現状ですし。
        そろそろTeddy RileyやJam&Lewisが本気を出してくれないかなと思うばかりです。Janetだけでは物足りないんですよ、Jam&Lewisさん。
        R&B過去作もええんですが、既に紹介済みのブロガーも多いですしね。そのあたりが問題なのです。
        ではではよいお年を。

  10. はじめまして。

    テンダーラウァー以来のベビフェファンです。
    当時高校生だった私も立派なオッサンです。^^;

    今回のアルバム、間があいてたのでまったくのノーマークでした。
    でも、何かムシの知らせか発売後2日で気がついたというファンの強運とでも言いましょうか。
    アマゾンで即購入、何回も聴いてマス。
    曲調がほんと原点回帰してますね。

    オヤジになったせいか、今回のジャケットのサングラスが気になります。
    メーカー知りたい…。

    • Yohさん

      はじめまして。書き込みありがとうございます。
      年月の経つのは早いものですよね。わたしもTender Loverの頃、意気揚々と働き、遊び、充実していた頃でした。
      本当にいい時代です。90年代初期はいいことしか思い出がないですね。そんな時のBabyfaceさんでしたから、とてもファンになってしまいました。なんだっけ、ブーメランなんて映画を彼女と見に行ったりして。映画とかどうでもよくて、胸が高鳴る時間・・ああ青春ですねw

      このアルバム、I Want Youが一番好きで、これこそおっしゃるとおり原点回帰ですよね。甘い旋律、明快なパート、整合性のあるコーラス、たまりません。

      サングラス・・・うーむ、どこのんでしょうね。最近、オヤジたちが好きなTom Fordか?とも思いましたが、その独特のラインも見受けられないので、一時期かけていたレイバンかもと思いのですが、定かではありません。どこでしょうね。

      また遊びにきてくださいね。これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中