Steven & Sterling / One Magic Night

stevensterling

Sterling RiceとSteven Riceからなるデュオグループ。RCAからの82年作です。

livinproof後にBy All Meansの中心人物となるStan Sheppardと、Livin’ Proofというグループを組んでいたふたり。これもソウルファンならご存知の方はいらっしゃるだろう。脱線するがStan Sheppardはこの後、Triple “S” Connection→Skool Boyz→By All Meansと多くグループを渡り歩くが盤石な芸能人生ではなかろうか。

さて、このふたりのアルバム。Michael Jacksonの兄、Tito Jacksonがプロデュースしている。ライターの金澤さんによるとジャクソンズはマイケルというスターがいる為、外野がうるさく、演出が過剰気味で、できることができなかったようだ。その反動か実にシンプルで聞きやすいアルバムになっている。ハイトーンヴォイスと軽快なファンクがウリで、最近コアなメロウグルーブ好きに人気なのか、この前、新宿カブキラウンジでかかっていた。
ウキウキ気分になれるナイスミディアムDon’t Stopや、踊るしかないCan I Be With You Tonight等、多幸感が溢れるナンバーに釘付けになる。

Titoのプロダクションも魅力的でTeaseのKipper Jones、Cheryl Lynn、兄弟のJermaineがバックボーカルで参加している。
LPはあまり見かけない。わたしは今年レーベル10周年を迎えたVinyl Masterpiece盤を購入した。

広告

4 Replies to “Steven & Sterling / One Magic Night”

  1. いつもカッコいい曲の紹介ありがとうございます。
    Don’t StopがPatrice Rushenみたいでかなり気に入りました。

    1. いえいえ、お礼のお言葉いただくなんておこがましいです。
      わたしのピックアップしてる盤は既にどこかで紹介されるものばかりですし。
      しかし最近ブログやホームページで、このようなジャンルを語るひと少なくなりましたですね。

  2. 新宿カブキラウンジに通われているんですか?
    「今夜はEAT IT!!」っていうイベントに行ってみたいんですが、勇気が無くて(笑)。
    毎月第4週は90’〜の音を石島さんが廻すとのことですから、興味津々です。

    1. GLENNさん
      まいどです。カブキラウンジは2度目でした。
      だから通ってるうちには入らないですよね(汗
      その今夜はEAT IT!は木曜日らしいですね。今の会社になってから10時くらいには新宿に行けるのですが、さすがに木曜は辛いですわ。金曜日(休み前)でしたら、どのイベントにも大丈夫なんですが・・・
      カブキラウンジはバーの延長線上の空間なので、けっこう狭いのですが、それはそれでいい空気感は生まれますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中