Dynamic Five / Love Is The Key

IMG_6359

話題のDynamic Five – Love Is The Key です。

以前、購入したことのあるディーラーが扱ってました。20$くらいでした。パッケージは文句のないほど、素晴らしい出来栄えなのですが、前回と同じくCD-Rでしたので残念w。まさしくブート盤です。予想していたのであまりショックはなかったのですが。リングコードの印字なし、アルミ蒸着でもないのでCD-Rに間違いないでしょう。そういえば昨年、都内某所でこのディーラーの正式発売されていない80’sFUNKのCDが大量に中古で棚に並んでいました。可笑しくもプライベート盤って記されてたんやけども(ブートレグと記載しないところがセコい)、価格は500円くらいやったわw。そら正式盤でない海賊盤やからな。

FullSizeRender

盤面へのプリント技術には関心する。イラレ上級かw

とにかくパッケージが精巧です。笑うのがジャケットの裏スリーブや盤面にPolyGram Recordsから再発と記されてるんですよね。そこまで大手レーベルならAmazonでも扱うわけでw。ここまでやるって相当商魂たくましいですよね。但し大っぴらに流通できないというのはワケがある。ま、そんなアホなディーラーからブート盤ごときに20$で購入したわしもアホなんやけどw

音は思ったより悪くなかったけど、けっこう低音が削られてる印象。ただノイズ処理は相当なされてるのでクリアな音にはなってる。またボートラにIt’s So LonelyのExtended Editが挿入されているので、編集も凝っている。

IMG_6388

流行りの銀盤風CD-R。自家製なのでリングコードなしw。スリーブにはAADとレコーディング方法まで印字されている。

Lovers Lullabyeの甘くせつなくやるせないナンバーはFuturesやEnchantment、Heaven & Earthがお好きな70’sスウィート好事家にはたまらないと思うし、そのナンバーだけでなくBeautiful Ladyでのコーラスやシタールの音にも涙チョチョ切れになること間違いなし。

本来であればウン十万をかけ原盤を購入し聴いたほうが本当の涙を流すことができるであろう。わたしのように非正式盤を海外ディーラーから購入し、安い焼酎を呑みながら聴くような輩は、まだまだ真のソウルファンとはいえんわな。

広告

Dynamic Five / Love Is The Key」への12件のフィードバック

  1. レア盤はほんとにお高くて手が出ないっす。まあ、詳しくないのでレア盤そのものも知りませんが。最近は新譜をアナログで買ったりしてますが、40ドル弱でも相当悩みます。

    • 昔ほどメディアに金をかけるのがアホらしくなってきたのが本音です。究極のところ死んだら無駄なモノとなるので笑。CDは特にコピーできる、また再プレスできるという価値の無さもよくありませんね。

  2. めんどうくさいのが趣味だったりするんですが、音楽は一般化しすぎて面倒な部分(楽しい部分)が一掃されてしまった感がありますね。アナログレコードが生き残ってくれているのは本当にありがたいと思っています。カートリッジで好みの音にできたりしますしね。CDのようにまるっきりコピーもできないので価値も高いですし。ただ、場所がなくなるのがやはり困りもの。整理できればいいんですが、けっこう買うときも悩んでいるので処分も悩みます。(笑)

    • ほんとおっしゃるとおり。めんどうな所作が良かったするのよね。。儀式みたいなもん。アナログなんて、好きな盤は約30秒くらいジャケットの絵を見てからレコード取り出すし。ちょっとでも盤にほこりがついてりゃクリーナーで落とすしね。LPのジャケットはアートやしね。ジャケットだけでも価値がある。CDにはそれがないよね。iTunesならなんもないw
      CDの良さってなんやろなって考えてみたんやけど、オーディオで聴くという最低限のメディアかな。ハイレゾはモノとしてないしな。

  3. hiroo さん、こんばんは。

    朝晩の冷え込みもまだまだ厳しい2月末ですが、心身温まる黒音の数々が我が身を風邪知らずにしてくれております。ホント有り難い限りであります。♪(^^)d♪

    ♪Dynamic Five♪ の銀盤を某オークションで念願入手致しました。
    過去二回は睡魔に襲われてしまい…( 20,000円と10,000円超えにビックリ!! ) 是が非でもその黒音を聴きたい想いが叶ってか(!?)、三度目の正直で、私的には比較的安値での落札に無事成功。万々歳でしたョ!!\(^^)/

    これは原盤LP が高値の華!!と諦めての聴かず仕舞いでは…余りにももったいない作品です。

    活況を呈した 70’s コーラス・グループのメジャー組達と比べても、そのスウィートネス & Funky Sound に乗る熱いリードに重なるコーラス・ワークも文句なしに素晴らしい!!

    全編にわたりオーソドックスな温かさに包まれる味わいではありますが、アップナンバーでの躍動感はあの名盤 LIFESTYLE (1977 MCA ) をも思い出させてくれました。♪(^-^)d♪

    いつもながらブログ・マスターの大変愉しく、興味深い作品紹介に感謝致しております。m(._.)m
    暫くはこの EU発の限定 CD-ROM 盤が私のお伴に決定!!ってことで。
    ♪(^-^)/♪

    • おつかれさまです。コメントありがとうございます!
      購入されたんですね〜Dynamic Five 。
      オークション、見ましたよ〜その2万円とかの落札価格^_^;
      ツイッターでも驚きのあまりつぶやいてしまったのですが、そのときのご説明にCDとあったんです。ホンマかいなって疑心暗鬼。逆にプレスしてるんやったらもっと出回ってええはずと思ったんですね。プレスだと最低100枚はあるはずですし。
      ほんで海外あたったら普通に売ってたんですよ。そこでもCDって記載されてたんです。
      到着するまで夢見てたんですが、やはりCD-ROM でした^_^;
      そのディーラーはVynel Masterpiece と違ってイリーガルのROM扱ってるので有名です。なぜかUSの方は文句言わず購入してるようなんですね。聴けりゃええわってなノリなんですかね。CD-R かCD かってウルサイのは日本人くらいやろうし、それでアカウントも削除されてないんかな。昔、そいつからI-Level を購入したことがあってそれも精巧なスリーブなんやけどCD-ROM やったんです笑
      だからそんなのに2万も1万もかけるの馬鹿らしいし、Ura-kenさんはお安くゲットされて正解ですよ。
      その50うん万円かけて原盤てのもよくわからいのですが、ジャケットデザイン、彼等の自慢げな姿などLPでないと味わえないかと思うので絵画的な価値も付加されてますよね。
      Lifestyle最高です。あのアルバムはわたしがソウルにはまるきっかけとなった一枚です。
      合わせてしばらく堪能しようではありませんか。

      • hiroo さん、こんばんは。

        お仕事お疲れさまでした。(^^)d

        ♪Dynamic Five♪にまつわる愉快な返信コメント、どうもありがとうございました。

        Dynamic Five でネット検索していたら、Funk My Soul という興味深い海外のブログに早速出くわしました。
        ここでは既に2009年頃から原盤 LP (ってオリジナル盤…!?)と音源ダウンロード購入が可能だったようで、今日までその恩恵にあやかった世界中の熱狂的ファンは88名からの素敵な賛辞が寄せられております。正にマニア垂涎!!ってわけですよネ。

        Dynamic Five への惜しみ無い愛情を注ぎ続けた貢献者3名の存在が浮き彫りに。
        ブログ・ホストの Nikos 氏。彼が多大なる献身的貢献者と崇める Dr.Soul 氏 (匿名)。そして太鼓判を推されたリビュー担当のTrakbuv 氏。
        あれれっ、 CD-R 盤のリビューはまんまブログのコピーではありませんか!!
        ウーム…このブログ公認(!?)での今回のCD-R 盤再発劇なのでしょうか!? それとも、やはり正真正銘のIllegal限定発売!? その真相は如何に…
        興味が尽きない私も立派な不届き者でありますがネ。(笑)

        こうして甘茶マニアを唸らし続けてきた超絶レア盤。とびきりの甘茶2曲は勿論、全編がキャッチーな出来の文句無しに素晴らしい1枚であります♪♪ 特に躍動感溢れる #5. One Way Or The Other で LIFE STYLE の感激がよみがえった次第であります♪♪

        70’s Vocal Group 万歳!!の代表格である LIFE STYLE … 本当にハマってしまいますよネ!!
        私は20年程前に購入したのですが、 Soul Crazy にとっては全く時代の淘汰とは無縁の名盤♪♪
        聴いた直後から気持ちの高揚を抑えることが出来ませんからネ♪\(^^)/♪
        出だしから O’ JAYS / Love Train に比肩、いや凌駕する抜群の躍動サウンドに、熱き歌声が映えまくること!!アルバムの半分がこの高揚感ですから、即 KOされちゃうってものです。
        A-4. I’m Gonna Love You Girl と B-2. Love Can Make You Cry のスロー・バラードは泣かせてくれますよねぇ…。
        裏ジャケはニット帽 & セーターの五人が揃ったレコーディング中モノクロ写真。全員が鼻の穴も大きく、立派!!実にステキであります。(笑)

        Dynamic Five も文字通り、五人の織り成す重厚な歌世界はお見事の一言!!
        こちらは笑顔でニンマリ、お揃い純白タキシード & ピンクのシャツでリムジン車中のカラー写真。この素敵なジャケットは原盤 LP で是非とも堪能したいものです。

        一致団結の大活躍ぶりは両者に共通しており、聴き手は大満足間違いないっすネ
        ♪v(^^)d♪

        おかげさまで、こちとら寝不足気味の再発…これも致し方ありませ~ん ♪f(^^)♪

  4. Ura-kenさん
    なるほどfunkmysoulはかなり先端を走っていたようですね。DLできてたんですか。
    ということは、ここから入手しCD-Rセラーが勝手にコピー、販売したんやないですかね。
    あいつならやりかねませんよw
    適当にレーベル名使ったり、他のアーティストの未発売ものでもあくどいことやってますから。
    まあ、こういう事情が皆さんわかったきたのかヤフオクでも万を超える出品には誰も手をださないようになってきましたね。だからCDって書いてる出品者、どこをどうみてCDなんやろ?と不思議で。CD-Rやってどうみても。
    Lifestyleはそうそう、その通り。なんだか勢いのある荒削りの兄ちゃんがノリノリなんですよね。これは名盤です。

    • hiroo さん、改めましてこんばんはです。

      夜分遅くの返信を失礼致します。m(._.)m

      Funk My Soul というブログは Soul 名盤の数々をしっかりと紹介している格調高き知る人ぞ知る海外有名ブログのようですネ♪(^^)♪

      あいつならやりかねませんよw
      これには不謹慎ながらも爆笑してしまいましたョ😂
      確かにヤフオクでは万円超えでの出品に入札さえ見られなくなりつつありますよネ。
      中には転売している出品者もいましたから…。違法CD-ROM 盤で一儲けを企む当事者には絶対になりたくはないですが、音を是が非でも聴きたい者にとっては心中複雑ながらも、オレンジ色のニクい奴である入札 & 落札の過ち(笑)をつい繰り返してしまうのでしょうねぇ。
      まぁ他人事ではない不届き者 Ura-Ken も今回を機会に心機一転しますョ。(^^)d
      というか、自分に厳しく、これ以上メディアを増やさないことですネ!!(自信ナシ)

      • おつかれさまです。
        いやぁ世界には通なソウル亡者がいるもんですね〜
        コレクター気質は日本が1番かと思いましたが、いやいや世界は広く、英語が堪能なだけにブレーンも多そうですね。
        そのCD-R屋は適当にパクるのではなく、インナースリーブに力を入れてることは評価できますよ笑。先に買ったI-Levelも精巧でしたし。このアルバムもレーベルを勝手に記載し^_^;、かなりホンモノ感を出してはいますよね。

  5. hiroo さん、どうもです~。

    お仕事お疲れさまです。(^-^)

    そうですよねぇ… ” 全世界待望!!感涙のCD 化!!!”と店頭でディスプレイされていても
    売り切れ必至を約束してくれる♪♪ それほどに精巧・緻密な素晴らしいパッケージ商品でありますよネ♪♪
    仰る通り、盤面へのプリント技術。(偽物のくせに)これは本物!!

    I Level のページを拝見しましたョ。
    ” INCLUDES 6 BONUS TRACKS ” と華やかにアピールしている辺りも今回と共通の匂いプンプンってところでしょうか。”あいつ” のお手並みに拍手喝采!!ホント、感心致します。(笑)

    CD正規盤と言い切る嘘はやはり頂けないのですが、私的には Soul Crazy 故に渇望していた音が聴ける♪♪という甘い誘惑 & 喜びの方がどうしても勝ってしまいまして … 今回入手した Dynamic Five には全て万歳です!!今後のオークションでは十分気を付けますョ。(^^)d

    おやおや、明らかなブート CD-R 盤の数々が手元に … まっ、割り切って愉しく聴いていきま~す♪f(^^)d♪

    • Funky Town Groovesの初期もブートが多かったですからね。ブート用にレーベル名変えたり平気でしてましたもんw
      なんやったけな、BLUE BIRD RECORDSやFinesseとかは版権怪しいですよ。

      それでも買う側の自由やしね。ただCD-Rはいただけないw ほとんどが簡単にPCで焼いただけですからねぇ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中