The Gap Band / III

gapbandIII

最近、新譜もいまいちな状況ですので80’sを振り返って聞いています。ただThe Jack Movesは就寝のお供になっておりますので、そのうち記事に。

Gap Bandの超大作IIIです。80年のリリース。ご存知、GuyがカバーしたYearning For Your Loveが入ったアルバムです。Guyのカバーも素敵ですが、やっぱり原曲には勝てない・・・と思います。ボーカルはそりゃフォロワーであるアーロンも聴きものですけどね。サウンドなんですよ、これ。なんともいえないギターのハウリング、カッティングギターの柔らかさ、パーカッションの素朴さとかね。ほんと名曲です。
ファンクのほうはおなじみのBurn Rubber On Meがサーファーズディスコの定番であるし、Con Funk Shunのような軽快なダンサーAre You Livingもいい。
それにしてもチャーリー伯父が現役バリバリってのが驚きですね。

広告

The Gap Band / III」への4件のフィードバック

    • Jack Movesは相当やばいユニットですね。ここまで本格的にスウィートするフォロワは今までいなかったのでは。ボーカル的には追いかけてるひとはいても、サウンドがね。
      ビルボード!やるね~。いきたいけど金曜日は無理かな・・・大阪日曜でいいな。

  1. 大阪行っちゃいます?(笑) 4月はまた現場変わるようで、ちょっとまだ予定がたちません。

    • 大阪行けてもその日に戻ってこれないねw
      現場変わるんでっか。そりゃまた大変だ。
      またメールしますが、いろいろ予定たてましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中