Bruno Mars / 24K Magic

24kmagic

まさに24K Magic旋風。日本での広告も驚くほどの「金」の使いよう。毎日新宿駅構内を闊歩する俺も、このヴェルサーチちんぴら野郎wの大きな広告を見て、さっさと人の流れに逆らわず進まないといけないのに立ち止まったよ。ハッシュタグをつけてSNSに投稿すると純金のカードを貰えると知って、俺もアップしたよw

24K Magicのシングルお披露目もほんと衝撃的やった。Byron Chambersをトークボックスに起用した、80’s Funkフレーバーなナンバーに釘付けになった。ZappどころでなくDazz Bandらのファンクバンドを彷彿させると同時に、ラップはRUN-DMCそのものであるし、LL Cool Jがゴールドチェーンをしてラッピングしてるような姿にも見え、なんだこいつなりきり感すげえなと思った。

Just The Way You AreGrenadeのBrunoはまったく過去に放り去ったのか、もうこの路線でいって欲しいと思うよ。24K Magicがミッド80’sなところで、それ以外が80’s後半から90’s初期ときたもんだ。しかもR&Bのみ。ビシビシのファンクはなく、中期Jam&Lewis作品に通じるもの、BabyfaceのDeele時代の仕事っぷりや、90年代のNJSもあるので86年~92年あたりを掘っているな。これは本当に面白い試みで、ようは現代では一般的にはまったく見向きもされないR&B時代を掘りおこし、メジャーレーベルでリリースしちゃったという。こんなの売れる奴だからこそ許される試みやね。

33分全9曲という短さも、まさに80’s~90’sのアルバムを意識してる。ジャケットデザインも大理石の帯でしょ。これBobby BrownDon’t be cruelと同じ使い方よ。しかも同じ9曲で裏ジャケットも同じテイストでトラックリストな並んでいる。

bobby

dont-be-cruel-album-back

Bobby BrownといえばNew Editionで、しかも8曲目FinesseがNJSそのものであり、付け加えるとイントロは同じくNew Edition出身のBell Biv DeVoe-Poisonときたもんだ。

イントロ以外がこれまたBabyface-Tender LoverKeith Sweat- I Want Herを彷彿させる。
Teddy Rileyが多用していたオーケストレーションが入り、嬉し涙ちょちょ切れ。
Brunoは事実、Bobby Brown-Every Little Stepをライブでよくやっているので、このナンバーが出来上がるのも納得なのだが、凄いのが今の時代メジャーでNJSをやってのけるアーティストがこいつしかいないというところだ。

どのナンバーが何のオマージュというのはキリがないのでやめておきたいがw。
全曲いいので、切り刻む。
Chunkyのコーラスに女性ボーカルを入れてるところがKut Kloseを使うKeith Sweatっぽい。このナンバー、ベースラインが本当にいいし、メロディー、コーラスともに最高。
JBっぽいPermを飛ばし、That’s What I Like。このナンバーも素晴らしい。楽曲がPretty Rickyっぽくスカスカでわざとチープなシンセを使っているのだが、ボーカルグループのような仕立てで後半の盛り上げ方にも身震いする。

Versace On The Floor。バブル時代のブランドを身にまとう女性に今すぐ肌けてごらんという、この24K Magicに相応しい歌誌である。また楽曲がいい。ブラコン時代のような合間のギターフレーズやMichael Jacksonを彷彿させるボーカルワーク等、いろんなあの時代の煌くものが凝縮されている。どこかでFreddie Jacksonのナンバーっぽいと記されていたが、オッと思った。そういえばRock Me Tonightの音っぽい。HUSHプロダクションの時代はこんな音だったぞ。

ラストのToo Good To Say GoodbyeBabyfaceがプロデュース。ブルーノがHe’s My Heroと尊敬してやまないBabyfaceと仕事だ。そら製作の時点で熱く入り込んだろう。美しいメロディー、透き通るコーラス、熱いブリッジ、泣けるエンディング、まさかまさかのBabyfaceとBrunoとのナンバー。

いろいろと何かに似ているって思い出させるのは、故意に仕掛けているのではないかなって思うな。これはR&B,Soulファンをニヤリとさせるご褒美なのかな。

最後に。ここまでやってのけるアーティストは今ほかににいるんでしょうか。今のところ、いないようですね。

広告

Bruno Mars / 24K Magic” への14件のフィードバック

追加

  1. 自分は、”Locked Out…”みたいな、ロック寄りのアプローチのほうが好きなので、今回のアルバムには、ちと複雑な感想です。楽しいんだけど、個性に合ってないような気も・・・。(^^;)

    1. 幼少の頃からいろんな音を聴いてきたようですから、やりたいことも多岐に渡るんでしょうね。
      ブラックもあまり黒いのは声のトーンとして合わない感じなので、今回の試みがギリなのかな。軽めファンク、NJSは合ってると思いますよん。
      今回なにがいいって、コンセプトが統一してるのがいいなぁ、

    1. これからビルボードのチャートが気になりますが、全体的なチャートはもちろん1位を取るでしょうけど,
      R&Bではどういう扱い、反応になるのかなと興味あります。黒人はおかしな敷居があるので、スルーしちゃうのかな。
      こういう音やノリ、バラッドを欲してるってことをブラザーたちにもわかってほしいよ。今のUsherやAliciaにはほんと興味ないよ。彼らのは響かないのよな。

  2. hiroo さん。こんばんは ! !

    日々のお仕事お疲れさまです。

    ♪Funky “あんちゃん” Bruno Mars♪の渾身大傑作を購入致しましたョ \(^o^)/

    冒頭の表題曲から聴き手は即、純金の魔法に捲き込まれ、抗えない(抗いたくない ! !)贅沢至福な音像世界に酔狂しまくり、既に気分は上昇気流であります♪♪

    自身の音楽的礎でもある先達への敬愛と、今は亡き R & B Legends への感謝・尊敬の念を一曲毎に吹き込みながら、現行シーンに大旋風を巻き起こしている Bruno には好感(カッコエエ ! !)を抱いてしまいますよネ ♪(^o^)/♪

    そして、ラストが重鎮 BABYFACE さんとの夢の共作美メロディってところが何とも心ニクい♪♪
    Bruno の切々とした歌声がグッと胸に響き渡る感涙のエンディングであります … 。(ToT)

    hiroo さんのユニークで鋭い洞察コメントも堪能しつつのヘビロテで、年の瀬に向けて心身 High Enery で愉しく過ごしていきますョー♪v(^o^ゞ♪

    1. こんにちは。Bruno本人が映画のような作品にしたかったと語っていましたね。本当にドラマテックなアルバムです。
      9曲に全身全霊を籠めた作品、1曲に50回の録りなおしとか、こだわりあり過ぎなところも凄いと思います。
      短時間でやっつけで録ったアルバムではないというのは伝わってきました。ここまでの作品をリリースして、R&Bフィールドのアーティスト達はどう感じてるのか非常に興味があります。スルーなら終わってますね。逆にBrunoにしかできないのであれば、この路線で数枚続けて欲しいなと思ってしまいます。

  3. hiroo さん。こんばんは。

    ひたすら聴く者を純粋に愉しませたい音感愛が迸る Attitude を貫く好漢、Bruno 流 “温故知新” 完全入魂作品です!!
    ♪\(^o^)/♪

    現行シーンの成熟活性化の起爆剤として、そして時代を問わず生来人々に備わる良心の機微に触れる「変わりゆく、変わらない」素晴らしき R&B Music 復権への大潮流作品となることを心底願って止みません♪♪
    スルーは厳禁です!!
    (やはり、熱い想いが掻き立てられてしまいますョ … f ^.^ )

  4. こんにちは。車で移動する機会が多く、必ず1枚とおしてこのアルバムを毎日聞いています。
    久しぶりに何度聞いても「飽きない」アルバムに出くわしました。どれだけいいと思っても、繰り返し繰り返し聞きたくなるってなかなかない。このアルバムはシンプルな楽曲がいいのか、何度聞いても飽きません。
    しかも爆音で聞くと、相当テンションあがります。また爆音にしても荒さてのを感じないんですよね。こだわり続けた製作姿も思い浮かべます。

    さて、彼はどこに向かうのでしょね。これからの方向性も非常に興味があります。

    1. hiroo さん。こんばんは。

      仰る通り、繰り返しの鑑賞に耐えうる完璧な作品ですよネ♪♪

      私もこの究極の9曲 ! ! が、日々の通勤時間にドンピシャ ! ! なところに心底大満足しております。\(^o^)d
      (バス中での CD WALKMAN でですがネ。w )

      そう云えば先日、地元商店街の Brother が経営する HIP-HOP Fashion 店から爆音で♪That’s What I Like♪がカッコ良く轟いておりましたョ。(^o^)v
      長期間に渡り世界中の音楽シーンに刺激を与え続け、ダンスフロアーを賑わし続けるに違いありませんネ♪♪

      今後も多忙極まる Bruno ですが、溢れる情熱をツアーで発散しつつも、しーっかりと充電後に Next Level 新作誕生 ! ! の吉報を届けてくれるでしょう。
      この素晴らしき音楽玉手箱を擦りきれリピート堪能しつつ、じーっくりと待ちますョ。
      (^o^)d

      1. Ura-Kenさん 
        メリークリスマスです。ちと早い?笑
        日本は浮かれ気分になる習慣がついてしまい、12月突入と同時に街中がクリスマスモード、どうにかならんもんですかね。
        こちらはどうでもいいんですけど。その前のハロウィン馬鹿騒ぎも大嫌いなんですよw
        一番落ち着くのは正月でしょうか。これこそ日本と感じます。25日以降は賀正モードの街に変わるのかな。

        地元商店街のブラザー、わかってますねw
        R&Bチャートでも上位に来ましたね。ポップミュージシャンでアフロアメリカンでないブルーノもすんなり受け入れられたのかな。
        いい流れではないですか。わけのわからんEDMは去ってほしいし、本質的に求めてるものをブルーノがやってくれてる感じで。

        そうですね、充電期間も大事かと。ライブで忙しいと思うけど、次も唸るようなアルバムを出してほしいですね。

  5. hiroo さん。こんばんは。

    フライングも大歓迎 w の
    メリークリスマスです!!
    ♪(^o^)/♪

    何故なら、こちとらお仕事ですからネ … (爆)

    まぁ、若かりし20代は浮かれ世間の迎合派でしたかネ。
    当時の彼女に迎合した BGM は、当然 MARIAH のアノ曲♪その気にさせといて(ニヤリ)、勢いなだれ込みの BGM は♪GERALD ALSTON / Open Invitation ♪
    “何か … イヤラシイ💓”の囁きに即反応の営みはちっとも Slow Motion ではなかったような … 。(笑)
    黒音に目覚めてしまったが故の蒼若き甘酢な想い出がフラッシュバックしてきました。
    今なら文字通りで望むところの使用感なのですが、相手不在は泣きのオチっす。f(^.^;

    全くの同感ですョ!!
    (ヤケクソ半分 w)
    ハロウィンなんて関係なしで「黒音くれなきゃイタズラすんぞ ! ! 」ってなもんですわぃ
    (^o^)v
    ♪24k Magic♪ でどんちゃん騒ぎなら喜んで!!ってネ(^o^)v
    今からでも使用感抜群な♪Versace On The Floor♪
    きらびやかなブラコンに充たされたあの時代を見事に甦らせた
    本当に堪らない名曲です♪♪

    おかげさまで Bruno 旋風に完全迎合万歳 ! ! の年の瀬と相成りました♪\(^-^)/♪

    今年は黒音の深遠なる裾野である Indie の漆黒世界にドップリと浸かった一年でありました♪♪
    懐もいい加減に危うい(!?)来年度は、初心に返り、有るものをじっくりと堪能すべしの “温故知新で惑わず” な黒音生活にしていきます♪(^o^)d♪

    ブログマスター hiroo さん。
    今年も本当にお世話になりました。
    変わらぬ不肖な Ura-Ken ですが、来年度もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
    m(__)m

    早めではありますが、良いお年をお迎えくださいネ。
    (^-^)/

  6. そうでした、昔はクリスマスというきっかけで意中の彼女に夢中になったもんですw
    Alstonを使用したのかは忘れましたがw、おそらくクワエットストーム系のテープやCDは欠かせませんでしたねwww

    わたしも今、持参している音源をしっかり堪能したいと思います。LPもしばらく聴いていませんでしたし、最近誰のナンバーかも忘れかけているので、これはヤバいなと。1年ほど前にだいぶメディアを整理したので、自分にとっては最小限の音源たちなのですが、それすらも1年以上聴いていないのもあり、生活の一部と化していないのが反省点でもある今年でした。
    こちらブログも読んでいただける方がいるのかどうかもわからないのに書き続け、バカみたいなので辞めようかと思うときもありますが、Ura-Kenさんのようにレスポンスをいただければ励みになります。
    来年もどうぞよろしくお願いいたします。

  7. はじめまして!以前からチラ見していたのですが記事にあまりに同感してしまいコメント致しました。
    >Just The Way You AreやGrenadeのBrunoはまったく過去に放り去ったのか、もうこの路線でいって欲しいと思うよ。
     私は彼にはこういう曲のイメージしかなくて、一応ストーリミングでアルバムも聞いたことがあったのですが、気に入ったものは”treasure”のみで印象には残らず。しかし偶然NEWS ZEROに出演していたchunky を見ておーいいじゃん思い、翌日近所の新星堂で過去ジャケットと違うこのチンピラ具合も気になり視聴してみた所鳥肌!1曲目のまるでzappのようなトークボックス(?)!!から渋い!!渋すぎる!歌詞もチャラい!wがそれがイイ!
    即購入しずーっと全曲リピートしています。 過去のアルバムの彼とは別人なのでは?同一人物だったのか。というくらいにびっくりしました。近年のR&Bには飽き飽きしていてリリースされても視聴スルーしていましたが、聞いてみるもんですね。是非!!この路線を貫いてほしい。色々と先人たちへのリスペクトを感じニヤニヤし感激してしまいました。
    裏ジャケ似てますね!見逃してました。私はディスクのレーベル面の可愛げのないシルバーの印刷が気になって漁ってみました。
    Chuckii Booker / Chuckii レーベルがそっくりです!赤黒の帯とゴシック体の字の書体、アトランティックレコード!是非比べてみてくださいw
    CDの解説だけではちょっとモヤモヤしていたのですが、仕掛けを探してくださってありがとうございます。記事を参照させて頂き、もっと深掘りしてみたいと思いました^^w 爆音で聴きたくなるの、すっごいわかります!
    またお邪魔します♪

    1. susie.Tさま

      はじめまして。コメントありがとうございます。
      そうなんです。わたしも1stアルバムは苦手で、ほとんど無関心でした。もちろん売れていたのは知っていたのですが、わざわざCDを購入せんでもええやろってなテンションでしたし。
      それがロックド・アウト・オブ・ヘヴンで存在が気になりだし、それでも好きなポリスには似ているがブラックではなかったわけで。そうしてるうちにそう、Treasureですよ。ま、企画的なナンバーというのが強いですが、シンプルにやられたなと。ベタ過ぎですが、好きなディスコ、ブギーであったわけで。わたしもこれが決定打ですね。こいつはタダもんではないと思いましたから。

      >Chuckii Booker / Chuckii レーベルがそっくりです!赤黒の帯とゴシック体の字の書体、アトランティックレコード!是非比べてみてくださいw

      はい!そうそう、そうなんです。Atlanticとなんら変わりませんw
      あまりにも普段見慣れていたデザインwでしたので、スルーしてました。今はもっと凝ったデザインがほとんどですもんね。
      いろんなところにコダワリが垣間見れます。
      脱線しますが、Chuckiiとえば

      でしたよね。
      このナンバーの次か前は

      Troopでしたwww
      懐かしい・・・

      またお越しくださいまし。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。