The Time / What Time Is It?

The-Time-What-Time-Is-It-1982

ザ、ミネアポリスサウンドのタイムです。Morris Dayがフロントマンでありますが、スペシャルなギタリストJesse JohonsonとサウンドメーカーJam&Lewisが在籍するバンド。
プリンスの舎弟バンドでしたが、いろいろ揉め事があり不仲だったようですね。
ネーミングの利権問題でバンド名を語れないこともありましたが、プリンスがお亡くなりになってからはどうするんでしょうかね。

このアルバムは俺の中のタイムで好きなアルバムです。
なんだかミネアポリスサウンドってつかめないところがあるのですが、このアルバムは歴代のファンク要素も垣間見るサウンドなので、馴染みやすいと思います。
当時いたずら電話もあったという”777-9311”のソリッドなファンクに実力が凝縮。スピーディな流れなのにまったく音のズレがないクールなサウンド、これこそタイムでありますね。
スロウでは”Gigolos Get Lonely Too”がなかなか。うーむ、やはりプリンスのナンバーっぽいw

The Walk、これもいい、フロアうけするナンバーだね。

広告

The Time / What Time Is It?” への6件のフィードバック

追加

  1. The Time、名前使用を御遺族から許されたみたいですね。

    The Timeのライブは見たことがないのですが、昔、Charlie Wilson翁のライブに行ったとき、”Cool”をカバーしてやってくれておりました。(当時は”Cool”を知らなかったのですが。(^^;)

      1. タイムももう少しいいバラッドを混ぜてくれればアルバム的に魅力が増すのに。足りないところよね。モーリスがいまいち歌えないからなぁ^_^

    1. 名前使用できるようになったんですね。それは良かった。あの長ったらしいバンド名は覚えられないし急造だったので馴染めないし。
      Coolも代表曲ですよね。Timeがやるファンクつてどれも似てるな。

  2. Original 7venもよかったし、Pandemoniumもけっこう好きです。いいアルバムばかりですね。

    1. Pandemonium・・・Jerk Outを当時よく聴いたなぁ。売れたアルバムでもあった。なぜかブックオフで大量に見かけたのが寂しかったなw 
      ジャムルイにとっては生き抜きになれるバンドなんでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。