Larry Graham And Graham Central Station /‎ My Radio Sure Sounds Good To Me

GCS

週明けは都内も大雪という天気予報。ああ、雪が積もれば、そして凍結すれば履く靴がないなと嘆く今。何年か前に滑って転んで腰うったんよな。だから最近雪に対してはネガティブな思い出しかないw ソールがしっかりビブラムのようになってるものでレインブーツならいいのか。買いに行くの面倒だし、近いものを下駄箱をもう一度見回して用意するかな。

天気で悩んでもしゃあない。ここは明るく能天気にファンクで弾けちゃおうw
グラハム・セントラル・ステーションのこのアルバムで。なんといっても”POW”だ。ラジオ型宇宙船?からラリーを筆頭にバカ騒ぎするバンドのお祭り。スラップベースのお手本といわれるこの曲、ベーシストは必ずコピーするらしい。ラリーの酔っ払い歌唱法ともいえるボーカルもこの曲だけでなくアルバム全体に行き渡り、もう普通のテンションでは聴けない。
スロウもしっとりといったスロウではない。Is It Love?の泣きのギターはアイズレーを彷彿させるが、ボーカル自身が下町で流しをやってる演歌歌手のようでもあるので、こちらとしては笑けてくるだけなのだ。
気持ちを吹っ切りたい、ハイテンションになりたい、そんなひと時を引き出してくれるアルバム。

広告

Larry Graham And Graham Central Station /‎ My Radio Sure Sounds Good To Me” への2件のフィードバック

追加

    1. スラップベースのお手本ですからねぇ。よくもまあこんな奏法を考えたもんです。影響を受けたミュージシャンめっちゃ多いんやないですかね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。