Maze featuring Frankie Beverly / Can’t Stop The Love

あまり話題にならないMaze。
不思議だわ。日本の土壌に合うと思うんやけど。イベントとかで使用されないからかな。
Mazeあたりでフラフラになって踊りたいと思うのはおかしいのでしょうか。

Mazeはまたまた後追いグループで、1989年のSilky Soulを聴いてから急いで聴き返したグループ。なぜにfeaturing Frankie Beverlyと付け加えないといけないのかというのも些細な疑問やった。Al Hudson & The Soul Partnersというノリもやけど、やはり中心人物は固有の名前で謳いたいということか。内山田洋とクールファイブということなのかなw

このグループはいつの時代も同じ純粋なバンドの音というのが、とても心地よく、この85年作もいい意味で時代を感じさせない。

来日時に観に行けばよかったといつも後悔している。

 

広告

Maze featuring Frankie Beverly / Can’t Stop The Love” への6件のフィードバック

追加

  1. 先日、2pacの伝記映画『オール・アイズ・オン・ミー』を観てきたのですが、映画が始まって、いきなり流れてきたのが、Mazeの曲でしたよ。アメリカでは、Hip-Hop世代からも、やはりリスペクトされているんだなぁと思いました。

    かなり前から、オリジナルメンバーは、 Frankie Beverlyさんだけになっているようで、やはり、そういうグループみたいですね。(^^;

    1. 映画どうでしたか?やはり見るべきかな。Maze流れましたか。ヒップポップは70~80年代の楽曲をベースにすることが多いですよね。Maze以外にももちろんZappなども。ブラックミュージックは先人をリスペクトしながら育っていく文化なのが、とても好きです。
      MazeってもうFrankie Beverlyだけなんだ。そうなるとアルバム製作はたいへんかな。。。

      1. 映画、俳優さんが、2pacにそっくりで、内容も、初めて知ったことも多くて、面白かったですが、ちょっと長いかなぁ。結局、襲撃した犯人が捕まっていないままなので、最後、スッキリしない感じ終わって、モヤモヤしてしまいますね。仕方ないかもしれませんが。

        捻挫、おだいじにしてください。

      2. YouTubeでトレイラーを見ました。めっちゃ似てますね。なかなかあそこまで似たひとを探すのも一苦労のような。
        New Edition Storyの場合、ほんと似てないしw 
        捻挫、なさけないです。1週間経ってやっと腫れはひいてきました。痛みはまだあるけど。冷やさないといけないらしいけど、ずっとアイシングできんし困ったもんです。

  2. 私も『オール・アイズ・オン・ミー』観てきました。ホームパーティーのシーンでMazeが流れるんですが、じっとしているのがつらかったです。(笑) このアルバムはタイトル曲がまたいいんですよねえ。

    1. 2pacが映画化されお披露目でしたら、すでにBETで放映されたNew Edition Storyも映画化してほしいです。短縮し映画化するのは困難かもしれないけど。
      Mazeのライブ盤ってあるやないですか。あのアルバム聴いて、なんて演奏がうまく安定したバンドなんだと思ったんです。スタジオ録音と変わらないパーフォンマンスをステージでこなす。。。プロならあたりまえなのかもしれないけど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。