Simply Red / Picture Book

picturebook

年の瀬、大掃除に新年の準備、忙しいもんです。
といいながら飲んでばかり笑。

Simply Redの1stアルバム。まあデビュー当時からインパクトのあるバンドであった。白人であるにも関わらず、やってるのはソウルであったわけで、そんでもってチャート上位という。今でもこそ垣根はないかもしれないが、肌の色云々、昔は難しいポジションでなかったのかな。寛容なUKだからこそといったものもあるのか。
1曲目、Come To My Aidのホーンセクションや繰り返すフレーズ、無駄にも思えるパーカッションの露出、ただもでないと感じとるのに時間は要しなかった。ソウルでないかと思うが、ホーンの演出がこれまたかっこいいLook At You Now、誘惑するようなイントロのキーボードの音色から引き込まれるJericho。カバーも凄い。The Valentine BrothersのカバーMoney’s too tight (to mention)は原曲がタイトな楽曲なので、それより柔らかく仕立ており聴きやすい。
そしてなんといっても”Holding Back The Years”だ。デビューから金字塔的なナンバー現る。こんなに印象的なキーボードあるの?といったところや絶妙な引きのボーカルといい「大人」のナンバーに崩れ落ちたもんだ。

ブラックミュージックへの憧憬を剥き出しに表したSimply Red、今のBruno Marsに通じるのではないか。

広告

Michael Franks / Skin Dive

skindive

Sleeping Gypsyの記事を書いたのも、既に3年前とは。歳月が経つのは早いものです。おそらくその時は夏の夕暮れに早めのビールwで、Michael Franksを聴くとハマるということで記事にしたと思う。
今日はその、のほほーんとした声が85年のニューヨークサウンドに合うのかどうかという心配を見事にいいように裏切ったSkin Diveというアルバム。私的には絶対の時代、82~85年のニューヨークサウンドを見事に昇華させており、AORのジャンルながらこれはブラックミュージックファンにも是非チェックしていただきたい。
1曲めと4曲めがヤバいのだが、1曲目はMelba Mooreのあのナンバーと同じタイトルの”Read My Lips”。ベースにMarcus Millerを迎え、極上のスラップに軽やかなボーカルが乗るという絶妙なコンビネーションとなっている。4曲目”Don’t Be Shy”はアルトサックスにDavid Sanbornをフューチャー。スムースなトラックからリズミカルに流れが変わりゆくナンバーで、ラストは角松的な終了でこの時代が好きなら感涙もののナンバーになっているw。
この2曲以外は、Michael Franksの真骨頂といえる、けだるくやるせないナンバーが散りばめており、これはなかなかの内容ではないでしょうか。買いです。

Daryl Hall & John Oates / X-Static

IMG_4693

ホール&オーツ、続けます。
1979年リリースのX-Static。名曲”Wait For Me”があまりにも有名ですね。
泣きますわ、イントロから。あまりギターのソロって古めかしいので今は聴かないですが、これは冒頭から泣きのフレーズですね。ストラト最高。
Daryl HallってなぜかTodd Rundgrenと少しかぶるんよね。どちらもソウルをうまく消化して、また喉が一聴して白人ってわかるところ。
それは別にして、そうだこのアルバムは邦題「僕のポータブル・ラジオ」っていうナンバーがあって、これこそモダン・ポップというアルバム邦題を物語ってるね。

写真は闘病生活中の愛猫とw

Daryl Hall & John Oates / Private Eyes

Private Eyes

ああ青春(爆
ホール&オーツです。
プライベートアイズで何度手拍子したことでしょうか。
忍び寄るようなイントロで食いついたI Can’t Go For That(No Can Do)。
キャッチーなメロディで一緒にコーラスすること必至なDid It In A Minute。
ブルージーなロックYour Imagination。ワッチャ!と掛け合うことを楽しみに聴いていたUnguarded Minute。
今聴いても色褪せることがない煌びやかなポップス達。素晴らしいナンバーばかり。

Seawind / Seawind

seawind_1980

最近、猫の看病や仕事の内容(これいつもですがw)で幾分体力気力が落ち気味。そこで欲する音楽っていうのは、どファンクとか熱いボーカルはしんどくて聞けなく、どっちかつうと穏やかなものを求めますね。実際、レコ屋寄ってもアナログコーナーでフュージョン、AORのラックをまず見てたり。でも、誰から聴いたらいいのかよくわからんので、とりあえずメジャーなもんをチェックしてます。

きょうはそんなジャンルでSeawind。ハワイ出身のフュージョンバンド、1980年のアルバムです。
まずジャケットがいいですね、これ。曇り空に海鳥です。海鳥はオレンジ色、夕日のごとくコントラストされてます。飾りたくなりますね。

プロデュースはGeorge Duke。ちょうどBrazilian Love Affairリリースで勢いがこれから乗るところ。明るく弾けたGeorge Dukeらしい音がアップナンバーに。Larry WilliamsやKim Hutchcroftなどバンドメンバーがプロフェッショナルな演奏で、後にセッションミュージシャンとして活躍したのも頷ける。ゲストミュージシャンにJerry Herryというグラミー賞を受賞したトランペッターをゲストに迎え、ホーンセクションの格好良さには痺れます。

このアルバム、なんといっても”The Two Of Us”に尽きます。ゆったりとしたデュオでの掛け合いから始まり、柔らかなカッティングギターと小気味良いホーンセクションが徐々にリズミカルに演出する素晴らしいAORナンバー。この1曲だけでもマストなアルバムです。
サウンド重視で聴いてしまいがちですが、リードボーカルの紅一点Pauline WilsonのキュートなボーカルがSeawindのウリでもあるでしょう。

Bruno Mars / Unorthodox Jukebox

bruno_jukebox

売れ過ぎでガン無視していたBruno Mars。結局、しばらくしてから、こいつは今聴いとかんとあかんやろと自戒し、買ったのでしたw まずは2ndから。
音楽を良くお聞きになっている洋楽ファンには、所詮パクリ?的な穿った見方もあるかもしれません。しかし、いろんな要素を持った音楽性を自分のものにしてしまう、それは一流のエンターテイナー、まあ多才というべきなんでしょう。わたしも素直に認めますハイ。

Locked Out Of HeavenはPolice極似ですが、Bruno MarsはPoliceのコピーバンドをやっていたということなので、消化力がハンパでないです。完璧です。

このアルバムでわたしを歓喜させたのはTreasureでした。こちらでも取り上げないといけないナンバーです。James Brown /Sex Machine もしくはPrince/Kiss的なイントロからいきなり切り替えTavaresやJackson Sisters、Earth Wind & Fire的ディスコベタ路線。ファンクでなくディスコですね。キャッチーなフレーズを多用し耳慣れが早い。これは売れますわ。

まあ、穿り出したらこれBilly Joel?というべきナンバーもあったりで、80’sファンをニンマリさせる要素がタップリ。Brunoのファンの多くは若い方々でしょう?おそらく元ネタがどうとか知らないし、関係ないに違いない。やったもん勝ちな彼に誰もが屈服です。

Dirty Loops / Hit Me

dirty_loops

気になっているスウェーデンのバンドDirty Loopsです。3人とも王立ソードラ・ラテン音楽学校からスウェーデン王立音楽アカデミーへ進学したという超エリートです。(コピペ笑)
それぞれ元来の素養がありながら、影響を受けたアーティストも様々らしく、いろんなテイストが楽曲に詰まっています。唇ピアスのベーシストはマーカスミラーを研究してたとか。6弦ベースを使用しているようですが、メロディアスにコードを奏でてたと思えばいきなりスラップに変わったりブラック的要素も。ボーカル・キーボードはスティーヴィー的な喉で話題になっています。ドラムはTOTOに影響を受けたということですからジェフ・ポーカロ的なスリリング且つテクニカルな腕前が伝わってきます。
なんというかフュージョンバンドっぽくもあり、3人編成なのでポリスのような削ぎ落としたバンドっぽくもあり、そしてファンクも感じさせるという不思議なサウンドを披露してくれます。なんとデイヴィッド・フォスターが目をかけており、Verveと契約したようです。
アルバム発売がまもなくのようで、非常に楽しみにしています。

Michael Franks / Sleeping Gypsy

sleepinggypsy

夏の夕暮れ、西日がさしかかる窓辺で早めのビールをグラスに注ぎながら、The Lady Wants To Know。
マイケルフランクスは普段聞くソウルとベクトルの違うナンバーなんですが、とても心をリラックスさせてくれます。
こういうアルバムを聞くと、音楽、ま洋楽でも幅広く嗜むことは必要なんだなって思います。

The Style Council / Introducing

introducing

GW後半戦ですね。週中の平日、通勤時間の電車はいつもと変わらない乗車率やったかな。
長期休暇は難しい日程だったかもしれませんね。
休日出勤はあるものの、けっこうゆったりした日もありリラックスできてよかよか。

きょうはスタカン。
俺にとってはPaul WellerはJamというよりStyle Councilなんですよ。
Style Councilのライブに2度行ったんですが、Jamのナンバーやるとめちゃ盛り上がるんですよ。でも、俺はスタカンだけで満足。

Introducingはデビューからのシングルを編集したミニアルバムといった体裁。
ゆったりした曲調が癒やされるLong Hot Summer、3分も満たないないのにおしゃれ感凝縮のHeadstart For Happiness、ライブでは必ず盛り上がるアップテンポのMoney-Go-Roundとおなじみのナンバーが。

元々R&BやJazzに精通していたウェラー、そんな嗜好が現れたグループの1枚目。
音楽はもとよりPaul Wellerのファッションに釘付けだった。英国はもちろんなんやけど、ステンカラーコートを着崩したり、ブレザーをマリン風に着こなしたり、なんせかっこええ。トラディショナルなのにスパイスをきかせた着こなし。サウンドもスタイルもスノビズムに溢れていた。

Boz Scaggs / Down Two Then Left

1977DownTwoThenLeft

3月入っても寒い日が続きますね。花粉も舞う季節になりながらも、最低気温は3度くらいですから、まだまだコートやニットは欠かせません。
今年、薄手のメリノウールのVネックセーターを3枚ほど購入したんですが、正解でした。Vネックって、一応ネクタイを見せるスペースが確保されているということと、あと薄手なので(ハイゲージともいうのか)インナーにできるのでビジネスOK。帰宅後もジャケットを脱いだら、そのうえにジャージwなので一日着ていることになりますな。寒い日続くし、まだまだ着ないと。おーっと服のことは別記事にしよ。

きょうはボズスギャックス。このひとはほんまにソウルが好きなんやな~。モロR&BアルバムのDown Two Then Left。Silk Degreesより好きかもしれん。
ボズの浮遊するような自然なファルセットボイスもしかり、なんせサウンドがすんばらしいですね。TOTOのメンツ、Ray Parker Jr.(レイディオ復活!)、もちろんMichael Omartianが仕切っております。ま、評価の高いアルバムで皆さん語るのがジェフポーカロのドラムが凄すぎること。Gimme The Goodsを聴いていただくしかない。
フィリーソウル的なWhatcha Gonna Tell Your Manが私的には一番。こんなのソウル以外のなにものでもない。