Billy Ocean / Love Zone

Bruno Mars – 24K Magic、本当に凄いアルバムですね。毎日1度はフルで聞いてます。忘れかけていたあの時代の音を呼び戻してくれます。もちろん、80~90’sをいつも聞いてるのですが、たとえばブラコン全盛時の時のアルバムって、やはり置き去りにしてしまいがち。Peabo BrysonやGeorge Benson、Glenn JonesにFreddie Jackson・・・やっぱりいいなと再認識させてくれました。

love-zone

その流れでBilly Ocean。
Billy Oceanを知ったのはCaribbean Queenからだったのかなと。キャッチーではありましたね。日本でも相当流れていたと思います。続くSuddenleyもいいなと思ったけど、リチ夫君のHelloのようなポップバラッド的で黒くは感じなかった。Get Outta My Dreams, Get Into My Carもヒットしたけど、もうポップフィールドのひとなのか?としか思えなかったね。嫌いではなかったけど。
でもこの狭間にあるLove Zoneはいいアルバムでした。Barry Eastmondが製作した感情に訴えかけるような作品がいくつかあり、しかも音がブラコン真っ芯。When the Going Gets Tough, The Tough Get Goingはやはりポップな味付けだが、当時の打ち出し方からすればしかたないのかなと。
タイトルソング、Love Zone。野太いベースと煌くシンセ、時折絡むギターの音色、やばいです。素晴らしいミッドバラッドです。

Without You、染みるナンバーでこれもいい。AOR的ではあるが、嫌味がない。そして泣ける名曲、There’ll Be Sad Songs (To Make You Cry)。旋律や情感たっぷりの喉、いいナンバーでないですか。俺はAtlantic StarrのAlwaysもいける口なのでw、このベタなバラッドも好きなんだよな。

It’s Never Too Late To Try。このナンバーはSurfaceのようなシンプルな808サウンドがたまらない。後半のアコギソロなんぞ泣ける。
ラストのLove Is Forever。このナンバーも最高ブラコンナンバーといえる。こういう一歩間違えれば恥ずかしいバラッドだが、微妙なさじ加減でつくられている。Barry Eastmondだからこそなし得る名曲。ギターはいらなかったとは思うがw。
どうでもいいナンバーも数曲あるが、まとまりのあるブラコンアルバムかな。U.S. Billboard R&B AlbumsでNo.1になるだけあって、R&Bフィールドでも断然支持された名盤。

Lionel Richie / Lionel Richie

Lionel_Richie_(self-titled_album_-_cover_art)

暖かくなりましたですね。
さすがにウールのコートはクリーニングに出しました。
でも朝晩冷えるのでラベンハムのコートが一番使えます。

久しぶりの更新はリチ男さんですw
ソロ名盤、セイムタイトル1982年作。
これは本当にいいアルバムで、ブラコン好きなわたしは何度も聴きました。
このアルバム以降のリチ男君は、恥ずかしいスロウが多くなったのでさすがに追いかけませんでしたが。
プロデュースはご自身と、James Anthony Carmichaelですね。これで悪くなるはずがありません。James Anthony Carmichaelはコモドアーズや私のフェバリットグループであるAtlantic Starrを育てあげた名プロデューサーであります。現在74歳、まだまだ長生きしてください。

ヒットした”You Are”があまりにも有名ですね。ヒットしたので嫌気がさした時もありましたが、今改めて聴き返すと、なんと素敵なナンバーなんだと新たな感動も。黒さよりキャッチーさ加減重視です。それはそれでええやおまへんか。
このナンバー以外ではナイスダンサー”Tell Me”、これぞブラコンな”Round And Round”が素敵です。

ジャケットのリチ男くん、ポロシャツえり立てにサマーニット・・・ああ80’s・・・といった時代背景を写し出してくれています。

Diana Ross / Diana

diana

Chic流れでこのアルバム”Diana”です。いわでもがなの「名盤」です。
が、Nile RogersとDiana Rossはこの盤を制作後、かなり揉めたという逸話があります。出来上がったアルバムがあまりにもChic過ぎて、わたしはChicに参加したんじゃない!とお怒りになりマスターを所属エンジニアに回しChicらしいパートはカット、自己流に仕上げてしまったという。それを聴いたNile側がそれならChicの名をクレジットに使うな!となり泥沼に・・・嘘か真かわからない逸話ですが。
確かにNileのギターパートに強烈な印象がないしな。

そんなゴタゴタを余所にアルバムは大ヒット、このアルバムの2曲”Upside Down”と”I’m Coming Out”は永遠のナンバーと化けてしまいました。Upside Downに似たナンバーが見つからい程のオリジナリティ、そして快活なI’m Coming Outと最高な2曲です。
ジャケットの写真もいいですね。ダイアナロスといえばマイケルと仲むつまじい画像ばかりでなんか世話焼きの叔母はん的な印象がありますが、このダイアナロスはかっこいい。記念に全身を貼っておきますw

saturday-night-makeup-diana-ross

Steven & Sterling / One Magic Night

stevensterling

Sterling RiceとSteven Riceからなるデュオグループ。RCAからの82年作です。

livinproof後にBy All Meansの中心人物となるStan Sheppardと、Livin’ Proofというグループを組んでいたふたり。これもソウルファンならご存知の方はいらっしゃるだろう。脱線するがStan Sheppardはこの後、Triple “S” Connection→Skool Boyz→By All Meansと多くグループを渡り歩くが盤石な芸能人生ではなかろうか。

さて、このふたりのアルバム。Michael Jacksonの兄、Tito Jacksonがプロデュースしている。ライターの金澤さんによるとジャクソンズはマイケルというスターがいる為、外野がうるさく、演出が過剰気味で、できることができなかったようだ。その反動か実にシンプルで聞きやすいアルバムになっている。ハイトーンヴォイスと軽快なファンクがウリで、最近コアなメロウグルーブ好きに人気なのか、この前、新宿カブキラウンジでかかっていた。
ウキウキ気分になれるナイスミディアムDon’t Stopや、踊るしかないCan I Be With You Tonight等、多幸感が溢れるナンバーに釘付けになる。

Titoのプロダクションも魅力的でTeaseのKipper Jones、Cheryl Lynn、兄弟のJermaineがバックボーカルで参加している。
LPはあまり見かけない。わたしは今年レーベル10周年を迎えたVinyl Masterpiece盤を購入した。

The Manhattans / Too Hot To Stop It

toohottostopit

Manhattansの85年作。前のアルバム”Forever by Your Side”と合わせてマスト盤であります。
Morrie Brownを筆頭とするMighty M ProductionsとTwennynine With Lenny WhiteのJohn”Skip”Andersonが製作の中心。そりゃ粋で軽やかなサウンドになりますわ。次のBobby WomackやLeo Grahamが製作したBack To Basicsに比べ、明朗なダンサーがこのプロダクションで続いたといった案配。
“C’est La Vie”と”You’re Gonna Love Being Loved By Me”はこの時代にしか生まれないであろう軽快なダンサー。特に後者は”Crazy”に匹敵するミラクルナンバーかと思うし、おまけにLuther Vandrossがバックボーカルで参加している。これはJohn Andersonの繋がりあってのプロダクションかと思うが。
スタジオアルバムで、Gerald Alstonが軽やかに踊り舞う姿はここまでかなと思うと、少し寂しくもある。まあでもGerald Alstonはソロシンガーとして成功するまで、脈々とキャリアを積み重ねていくわけですけど。