4shades / 4shades

お盆です。皆様、この機会に旅行に出かけたり田舎に帰ったりとご予定でしょうか。わたしは田舎に帰ろうかと思っていますが、チケット買ってませんw 曜日、混雑状況で買えなかったりするのかな。さてどうしよう。
普段、休みが少ないので連休はほんとありがたい。普段できない整理もしたいしな。
休みの日にしか音楽を家で聴いていないので、聴きだめ?wでもするか。

きょうは記事にしてたかな、記憶に薄れてたのですがやってなかったようなのでグループものの4shadesを。
最近、とういうかここ何年もグループもののリリースが皆無に近いのだが、なぜなんでしょう。かといってレジェンドといわれるNEとかライブは盛況で話題も欠かせないけど。ソウルファンを歓喜させてくれるグループ出てきて欲しいね。

4shadesのリリースは2001年。なんとOrpheusレーベルから。エグゼクティブプロデュースにMint Conditionと関わりもある敏腕A&RのAl Manerson 、1曲Troy Taylorの名もある。
なにせ歌える4人組だ。ひとり、Johnny Gillに影響受けてるようなフェイクを使うシンガーもいる。
#6 Everythingから3曲の連続スロウが素晴らしく、オーソドックスなグループにある美しいやコーラスやファルセットを駆使した甘いアプローチ、前述の熱いJohnny Gillばりの押し出しの強いリード(まだまだだがw)も相まって、グループ好きなら聞き惚れるに違いない。

NINE 20 / What Would You Do?

51q5MDl+mRL._SX355_

ひっそり更新w
なかなかね、新譜で胸刺さるものに出会えないので、更新がこんな状態。
いいわけするなってw

きょうはアルバムリリースがお蔵入りになったNINE 20。
その先行シングルであったWhat Would You Do?を。
MCAレコードの顛末なのか、発売されなかったアルバムPryme Tymeはお蔵入り盤としてたまにオクで見かけていたが、それも最近見かけなくなった。
Jeff Reddがエグゼクティブプロデューサー。といってもA&Rになった方なのでフロントマン的なクレジットか。プロデューサーはDonnie Boynton。

こういうスロウは4.0のようなグループでも聴けたが、音数少なめでしかも美メロ。ナイーブなボーカルと相まって、しっぽりはまってしまう。わたしめはファルセットや野太いバリトンの存在も欲しがる、ないものねだりなオヤジであるが、ここはこのグレード感を評価します。

 

Bruno Mars / 24K Magic

24kmagic

まさに24K Magic旋風。日本での広告も驚くほどの「金」の使いよう。毎日新宿駅構内を闊歩する俺も、このヴェルサーチちんぴら野郎wの大きな広告を見て、さっさと人の流れに逆らわず進まないといけないのに立ち止まったよ。ハッシュタグをつけてSNSに投稿すると純金のカードを貰えると知って、俺もアップしたよw

24K Magicのシングルお披露目もほんと衝撃的やった。Byron Chambersをトークボックスに起用した、80’s Funkフレーバーなナンバーに釘付けになった。ZappどころでなくDazz Bandらのファンクバンドを彷彿させると同時に、ラップはRUN-DMCそのものであるし、LL Cool Jがゴールドチェーンをしてラッピングしてるような姿にも見え、なんだこいつなりきり感すげえなと思った。

Just The Way You AreGrenadeのBrunoはまったく過去に放り去ったのか、もうこの路線でいって欲しいと思うよ。24K Magicがミッド80’sなところで、それ以外が80’s後半から90’s初期ときたもんだ。しかもR&Bのみ。ビシビシのファンクはなく、中期Jam&Lewis作品に通じるもの、BabyfaceのDeele時代の仕事っぷりや、90年代のNJSもあるので86年~92年あたりを掘っているな。これは本当に面白い試みで、ようは現代では一般的にはまったく見向きもされないR&B時代を掘りおこし、メジャーレーベルでリリースしちゃったという。こんなの売れる奴だからこそ許される試みやね。

33分全9曲という短さも、まさに80’s~90’sのアルバムを意識してる。ジャケットデザインも大理石の帯でしょ。これBobby BrownDon’t be cruelと同じ使い方よ。しかも同じ9曲で裏ジャケットも同じテイストでトラックリストな並んでいる。

bobby

dont-be-cruel-album-back

Bobby BrownといえばNew Editionで、しかも8曲目FinesseがNJSそのものであり、付け加えるとイントロは同じくNew Edition出身のBell Biv DeVoe-Poisonときたもんだ。

イントロ以外がこれまたBabyface-Tender LoverKeith Sweat- I Want Herを彷彿させる。
Teddy Rileyが多用していたオーケストレーションが入り、嬉し涙ちょちょ切れ。
Brunoは事実、Bobby Brown-Every Little Stepをライブでよくやっているので、このナンバーが出来上がるのも納得なのだが、凄いのが今の時代メジャーでNJSをやってのけるアーティストがこいつしかいないというところだ。

どのナンバーが何のオマージュというのはキリがないのでやめておきたいがw。
全曲いいので、切り刻む。
Chunkyのコーラスに女性ボーカルを入れてるところがKut Kloseを使うKeith Sweatっぽい。このナンバー、ベースラインが本当にいいし、メロディー、コーラスともに最高。
JBっぽいPermを飛ばし、That’s What I Like。このナンバーも素晴らしい。楽曲がPretty Rickyっぽくスカスカでわざとチープなシンセを使っているのだが、ボーカルグループのような仕立てで後半の盛り上げ方にも身震いする。

Versace On The Floor。バブル時代のブランドを身にまとう女性に今すぐ肌けてごらんという、この24K Magicに相応しい歌誌である。また楽曲がいい。ブラコン時代のような合間のギターフレーズやMichael Jacksonを彷彿させるボーカルワーク等、いろんなあの時代の煌くものが凝縮されている。どこかでFreddie Jacksonのナンバーっぽいと記されていたが、オッと思った。そういえばRock Me Tonightの音っぽい。HUSHプロダクションの時代はこんな音だったぞ。

ラストのToo Good To Say GoodbyeBabyfaceがプロデュース。ブルーノがHe’s My Heroと尊敬してやまないBabyfaceと仕事だ。そら製作の時点で熱く入り込んだろう。美しいメロディー、透き通るコーラス、熱いブリッジ、泣けるエンディング、まさかまさかのBabyfaceとBrunoとのナンバー。

いろいろと何かに似ているって思い出させるのは、故意に仕掛けているのではないかなって思うな。これはR&B,Soulファンをニヤリとさせるご褒美なのかな。

最後に。ここまでやってのけるアーティストは今ほかににいるんでしょうか。今のところ、いないようですね。

After 7 / Timeless

timeless

 

After7の20年以上ぶりの新作・・・なんか重たい年数だが、そんなにブランクがあったのかといった不思議な印象であるが、ともわれ90年代の名グループがアルバムをリリースしたことに喜びに浸っている。
95年のReflectionsから数え20年・・・となるのか。それまで何もしてなかったのかというとそうでもなく体調が悪かったMelvinに代わって息子のJasonが加入し、不定期にライブ活動を行っていた。そういえばビルボードでの3人、本当に良かったし、別格だわこの存在と感じたのも最近だったはず。

先にリリースされたI Want Youの良さで、ほぼグレード感が保たれているのは確信したので、なんの心配もしなかった。逆にそれぞれのナンバーが粒ぞろいでしかも全10曲というコンパクトなアルバム単位を保持し、往年のアナログファンにも訴求したのではないか。

Betcha By Golly WowというThe Stylisticsのド定番をカバーするあたり、セカンドのThe Originals’ “Baby, I’m for Real”とBloodstoneの”Natural High”をさりげなくカバーした時と通じるものがあるし、こういうクラッシックをカバーするセンスと余裕が今のAfter7に伺える。

まずLet Me Knowがこのアルバム中、最高作だろう。グループとしての調和やリードの際立ち具合、ボーカルグループとはなんぞや、とレクチャーしてくれる至宝のナンバーだ。後半に向かって憂いを保つ泣き具合がたまらない。そして冒頭のRunnin’ Out。相当自信があるから1曲目に位置するのだろう。これも最高としかいえない。

90年代初期のR&Bをリアルタイムに聞き続けてきた年代には狂喜するアルバム。

 

after-7-let-me-know-video

Gallant / Ology

またまた久しぶりの投稿です。
忙しくてネットしてません。音楽もステレオに向かって聴いていないという現状です。
これはいかんことなので、自分自身の心の切り替えにも、ステレオに積極的に向かおうと思っております(そんなたいそうなことかw)
結局、iPhoneのイヤホンで聴く音とは入れ込み方が違うんですよね。深く聴けないというか。
なんだかんだと新譜を不定期に買ってはいますが、まさかのGene Riceの3rdアルバムリリースには驚きましたよ。音源こそしばらく前のですが、CDとしてリリースてのが嬉しかったな。また別の機会にGene Riceの記事を投稿します。
あとはEric Benetですが、シングルカットよりいいナンバーが見つからなかったことが残念でした。Lost In Timeが激しくいいだけに、その後が尻つぼみで残念。本人的にはこれだと思ってやってるんでしょうけど。Lost In Timeのクラッシック路線を続けて欲しかったんですけどね。
そうだ、After7がまだ到着しないんだけど、セラー選びを間違ったかな。

galant

そして最近、夜な夜な聴いてるのがこのGallantという不思議なシンガー。ネオ・ソウル的な位置づけですけど、ジャンルレスな感じなのか、特にソウルの枠組みにはまらないシンガー。どこかの記事でSam Smithに近いてなことも書かれていたが、俺には最近のMaxwellにも近い音楽性かと感じた。
なにせファルセットと地声の行き来が激しく、ファルセット時がEric Benetを凌ぐ圧倒されるものがあり、地声はUsherのような、時には優しく時には力強いテナーも聴ける。いろんな声域で魅せてくれるのだわ。
細かく曲を述べないけど、Mtume – Juicy Fruitのビートで始まる(途中で変わるんだけど)Bourbonっていうミッドナンバーなんか好きだな。バックの浮遊感とファルセットが合ってるし、冴えているように聴ける。
シングルカットされたWeight In GoldはSpotifyでかなりの再生回数になって話題になってるようだ。これはソウルナンバーとして聴けると思う。
このアルバムで一番好きなナンバーはSkipping Stonesかな。このナンバー、FMで流れてて「これだよ、このファルセットだよ!」と叫んだなw。このナンバーが一番、ソウルフルなナンバーかもしれない。

がちがちのR&B好きにはこのジャンルレスな楽曲が敬遠材料になるかもしれない。でも、このひとはまだ若い。これからもっとソウル寄るのアルバムも作るかもしれないし、なにせこの喉だけでもお宝なので、追いかけていく必要大とみた。