Junk Fujiyama / A Color

ジャンクフジヤマのミニファーストアルバム。リリースは2009年らしい。

昨今、シティポップという名が比較的飛び交う時代になったが、彼が誘引した部分もあるのではないかな。
実際、今、ドライブ中に聞きたいなと思うのは日本のシティポップだったりする。土岐麻子なんかアルバムが欲しいなと思うくらい。
ジャンクフジヤマはバーのマスターであるチョリさんに教えてもらった。村上“ポンタ”秀一とライブを一緒にやってるYouTubeを見たとき、まんま山下達郎やんと微笑んだと同時に嬉しくなった。ネーミングからくるキャッチーな部分も合わさって、これはアリと。しばらくするとVictorからメジャーデビュー。「あの空の向こうがわへ」はCMで流れるくらい気持ちのいいナンバーだったな。
先月、BOOK OFFでこのアルバムを見つけた。今はリファインされて再発売されてるよう。
ジャケットのテレキャスターはご自身のものかな。1曲目「秘密」のカッティングギター、透明感のある声と時折みせてくれるファルセットといい最高なナンバー。これ以外にも80年代のノスタルジーを感じることができるナンバーばかりで、今逆に新鮮に聴ける。

レキシ / KATOKU

とうとう梅雨入りですね。ああ、鬱陶しい。
雨でもいい日がありますが、というか叙情的になりうる風景での雨で考え込む・・・とか。
基本、普段の生活では鬱陶しいもんです。好きな靴も履けないしなw

久々の投稿は、R&B熱が下がっている今、レキシのKATOKUでウフフ笑う日々です。
このナンバーはザ80’sしててほんとニンマリさせてくれます。快活なロックで気分いい。YouTubeバージョンを一日3回は見てます。

既出ですがこのビデオの元ネタはJourneyのSeparate Waysです。元ネタも今見ると相当ダサいです。ピチピチのウォッシュし過ぎたストレートジーンズにジャケットとかありえませんw。そのダサさをあえてレキシも継承しています。
80年代好きにとっては、いやその世代の方々にはピンポイントでツボを押さえてくれるでしょう。

BABYMETAL / METAL RESISTANCE

Metal Resistance

この1カ月ほどソウルはまったく聴いていない。Babymetalを聴きこみましたw
メタル・・・まったく無縁なジャンル。でも高校生の時、ハードロックを聴いていた一瞬の時代もあり、絶対ダメな音ではありません。
Babymetalはだいぶ気にはなっていたのですが、モモクロとそんなに変わらんやろとまったくチェックしてませんでした。ところが海外で凄い反響だと知り、一通りYouTubeで聴いて、見てみたんです。ヤバい・・・はまりました(汗
理由はわかりません。ドルオタでもないし、基本Soul R&Bのひとなのに。
とにかくYouTubeで再生回数が半端ないんです。メギツネやイジメ、ダメ、ゼッタイ、それにド・キ・ド・キ☆モーニング。歌詞もダンスも、なんだか聴いたこともないし見たこともない。何度も何度も聴きたくなる、見たくなる。聴き終わった後も脳内ループ・・・
そしてこのアルバムのKARATEです。
このナンバーはYouTubeで700万カウントの時に見たのが最初だったのですが、今日確認したら1,500万に到達するかどうかの数字になっていました。そのうちの100回は私かと思われますw
KARATEっていう日本武道のタイトルに可愛い彼女達が勇ましく踊り、たたみ掛けるようなギターフレーズが押しまくる・・・なんじゃこらです。いや、かっこいい。エンディングの立ち姿でジーンとしてしまうしw
あまりBabymetalについて語り過ぎると、熱くなり過ぎて文脈がおかしくなりますので、このへんにしておきます。とにかく、これからも追い掛ける(変な意味ではなく)であろうワールドワイドな日本の可愛いユニット登場に嬉しく思っています。

雨のステイション

暑いですね~毎日。ブログも久々です。いや音ネタとして。もう日中仕事して寝る前に少し音楽聴いてそれで終わり。もちろん呑みにいったりビデオ見たりしておりますが・・・夏バテですね。
このまえチョリさんにジャンクフジヤマを教えてもらってからYouTubeで見まくり。達郎フォロワーな方なんですが、1曲、荒井由実の「雨のステイション」をライブで弾き語りしてるんですわ。これがチョー良くて。
それからいろいろ調べたらハイファイセットがカバーしてたんですね。知らんかった。YouTubeで聴いたら、なんともいえない透明感のあるボーカルに、更にハマってしまった・・・
アルバムが欲しくなり、本日レコファンで購入してきました(爆)
今のJ-Popにはこんな叙情的な薫りがまったくない!警笛ですよ。
素晴らしいですハイファイセット。フィリーソウルに通じるナンバーもあるよ。

Human Soul / ヒューマン・ソウル

例のごとく3枚所有シリーズ(笑)
日本が誇るソウルユニット”Human Soul”。91年リリースのデビューアルバムです。
元ナニワ・エキスプレスのDr.Coこと清水興とJaye公山、Silky藤野が結成したバンド。
Jaye公山とSilky藤野はご存知のとおり、バブルガム・ブラザーズのブラザー・トムと後にReal Bloodを組みます。Jaye公山は休止中ですがReal Bloodはライブ中心に現在も活動中。Jaye公山はゴスペル・クワイヤに所属しながらも、Jaye & Silkyというユニットでアルバムもリリースしています。

このアルバム、日本人がやるソウルとしては頂点といってさしつかえなし。
超絶ファルセッターと強力バリトンの駆け引きはまるで本場のソウル。
スウィートなナンバーはもちろんのこと、Delight of Loveで聴ける必殺ダンサーは圧巻。OriginalsやBlue Magicのカバーもお手の物。