Marion Meadows / Keep It Right There

marion

あっという間に1年が過ぎましたね。皆さん、どんな1年でしたか?わたしは愛猫と親族が天国へ旅たつというショックな出来事があり、どうにも気分が落ち着かない1年でした。人生、山あり谷あり、今は谷から少し這い上がるところの心境です。
ただし、音楽、現行R&Bは充実していたんではないでしょうか。音楽が傍にあり、良かったな思うことも多々あり。
1番ではないけれど、Gene Riceの新譜到着は嬉しかったです。

Gene Riceで思い出し、振り返ったのがMarion Meadows – Keep it right thereのアルバムです。
Smooth Jazzのソプラノサックスの奏者ですが、R&B寄りの活動も多い方です。Norman Connors,Angela Bofill さらにはKeith Washingtonのナンバーにもクレジットが見つかります。
Gerald AlbrightのテナーサックスがR&Bで欠かせないというのは勿論ですが、ソプラノサックスもKenny Gも然り、気持ちのいいナンバーに仕立ててくれますね。

このアルバムにGene Riceがボーカルに参加。そのナンバー”Love Was Never”がいいんですよ。Angela Bofillとのデュエット。雄たけびは控えめながら、いい味だしてくれます。Marion Meadowsはイントロとエンディング付近のパートが好きかな。なんというか、夜の帳にグラスを傾け、タバコを燻らしながら聴きたいですね。もうタバコは吸っていませんがw
このアルバム、Janet- Come Back To Meのカバーもなかなかです。

広告

Bobby Broom / Clean Sweep

BobbyBroom_CleanSweep

夕方から休日出勤です。こういう中途半端なシフトの時こそ、気分転換を積極的にしております。
最近、音ネタが非常に少なくなっていますが、実際には通勤時のiTunesや帰宅後のYouTube等、尽かさず楽しんではいます。いかんせん、文章にし記事にしていく作業というのは幾分のうんちくもタレながらとなり、その所作が邪魔くさい。あ、ブログをやっている身で邪魔くさいなんて書いてはいかんですねw 許してくださいw

今朝はBobby Broomを。81年作品。
まさにGeorge Bensonなサウンドですが、こういうDisco,Funkよりのジャズって当時流行ったんでしょうかね。ライトなサウンドが気持ちよくて朝から流せます。
参加にデイヴグルーシンやマーカスミラー、オマーハキム等ソウル方面でも周知のアーティストが名を連ねています。
A面には自ら歌うNo Bad Vibes、B面にはマーカスミラー色の強い、ご機嫌なファンクSaturday Night、オマーハキム作のメロディアスなモダンダンサーShare My Love等、ソウル・ファンク好きの方にも納得のナンバー揃い。ボーカル自身は決してうまくありませんが、それを補う楽曲の洗練度の高さは必聴。

Shakatak / Down On The Street

Down On The Street、なんとなく一番聴いたShakatakのアルバムかな。なんとなくというのは意味深。そんなにしょっちゅう聴いていなかったのがShakatakなのであるw どちらかというと何かをしながらや昼のボーッととしたまったりタイムとか、そんな時にしか聴いていない。それくらい軽いのである。
それは存在感が軽いというマイナスな意味でなく、さらりと聴ける、聴きやすいというプラスの意味で。

これまた表題曲が一曲目でキャッチー過ぎ。今までのピアノ旋律中心でなくインパクトのあるコーラスが印象的。
それ以外は逆におとなしめ。2曲目に”Holding On”という、ミッドナイトの首都高をクルージングするのにピッタリの、アーバンなナンバーがwww

まだまだシャカタクのアルバムってリリースされてるみたいですけど聴いていませんw。Night Birds,Invitations,Down On The Streetが3部作として有名なのでおさえてました。