Bruno Mars / 24K Magic

24kmagic

まさに24K Magic旋風。日本での広告も驚くほどの「金」の使いよう。毎日新宿駅構内を闊歩する俺も、このヴェルサーチちんぴら野郎wの大きな広告を見て、さっさと人の流れに逆らわず進まないといけないのに立ち止まったよ。ハッシュタグをつけてSNSに投稿すると純金のカードを貰えると知って、俺もアップしたよw

24K Magicのシングルお披露目もほんと衝撃的やった。Byron Chambersをトークボックスに起用した、80’s Funkフレーバーなナンバーに釘付けになった。ZappどころでなくDazz Bandらのファンクバンドを彷彿させると同時に、ラップはRUN-DMCそのものであるし、LL Cool Jがゴールドチェーンをしてラッピングしてるような姿にも見え、なんだこいつなりきり感すげえなと思った。

Just The Way You AreGrenadeのBrunoはまったく過去に放り去ったのか、もうこの路線でいって欲しいと思うよ。24K Magicがミッド80’sなところで、それ以外が80’s後半から90’s初期ときたもんだ。しかもR&Bのみ。ビシビシのファンクはなく、中期Jam&Lewis作品に通じるもの、BabyfaceのDeele時代の仕事っぷりや、90年代のNJSもあるので86年~92年あたりを掘っているな。これは本当に面白い試みで、ようは現代では一般的にはまったく見向きもされないR&B時代を掘りおこし、メジャーレーベルでリリースしちゃったという。こんなの売れる奴だからこそ許される試みやね。

33分全9曲という短さも、まさに80’s~90’sのアルバムを意識してる。ジャケットデザインも大理石の帯でしょ。これBobby BrownDon’t be cruelと同じ使い方よ。しかも同じ9曲で裏ジャケットも同じテイストでトラックリストな並んでいる。

bobby

dont-be-cruel-album-back

Bobby BrownといえばNew Editionで、しかも8曲目FinesseがNJSそのものであり、付け加えるとイントロは同じくNew Edition出身のBell Biv DeVoe-Poisonときたもんだ。

イントロ以外がこれまたBabyface-Tender LoverKeith Sweat- I Want Herを彷彿させる。
Teddy Rileyが多用していたオーケストレーションが入り、嬉し涙ちょちょ切れ。
Brunoは事実、Bobby Brown-Every Little Stepをライブでよくやっているので、このナンバーが出来上がるのも納得なのだが、凄いのが今の時代メジャーでNJSをやってのけるアーティストがこいつしかいないというところだ。

どのナンバーが何のオマージュというのはキリがないのでやめておきたいがw。
全曲いいので、切り刻む。
Chunkyのコーラスに女性ボーカルを入れてるところがKut Kloseを使うKeith Sweatっぽい。このナンバー、ベースラインが本当にいいし、メロディー、コーラスともに最高。
JBっぽいPermを飛ばし、That’s What I Like。このナンバーも素晴らしい。楽曲がPretty Rickyっぽくスカスカでわざとチープなシンセを使っているのだが、ボーカルグループのような仕立てで後半の盛り上げ方にも身震いする。

Versace On The Floor。バブル時代のブランドを身にまとう女性に今すぐ肌けてごらんという、この24K Magicに相応しい歌誌である。また楽曲がいい。ブラコン時代のような合間のギターフレーズやMichael Jacksonを彷彿させるボーカルワーク等、いろんなあの時代の煌くものが凝縮されている。どこかでFreddie Jacksonのナンバーっぽいと記されていたが、オッと思った。そういえばRock Me Tonightの音っぽい。HUSHプロダクションの時代はこんな音だったぞ。

ラストのToo Good To Say GoodbyeBabyfaceがプロデュース。ブルーノがHe’s My Heroと尊敬してやまないBabyfaceと仕事だ。そら製作の時点で熱く入り込んだろう。美しいメロディー、透き通るコーラス、熱いブリッジ、泣けるエンディング、まさかまさかのBabyfaceとBrunoとのナンバー。

いろいろと何かに似ているって思い出させるのは、故意に仕掛けているのではないかなって思うな。これはR&B,Soulファンをニヤリとさせるご褒美なのかな。

最後に。ここまでやってのけるアーティストは今ほかににいるんでしょうか。今のところ、いないようですね。

After 7 / Timeless

timeless

 

After7の20年以上ぶりの新作・・・なんか重たい年数だが、そんなにブランクがあったのかといった不思議な印象であるが、ともわれ90年代の名グループがアルバムをリリースしたことに喜びに浸っている。
95年のReflectionsから数え20年・・・となるのか。それまで何もしてなかったのかというとそうでもなく体調が悪かったMelvinに代わって息子のJasonが加入し、不定期にライブ活動を行っていた。そういえばビルボードでの3人、本当に良かったし、別格だわこの存在と感じたのも最近だったはず。

先にリリースされたI Want Youの良さで、ほぼグレード感が保たれているのは確信したので、なんの心配もしなかった。逆にそれぞれのナンバーが粒ぞろいでしかも全10曲というコンパクトなアルバム単位を保持し、往年のアナログファンにも訴求したのではないか。

Betcha By Golly WowというThe Stylisticsのド定番をカバーするあたり、セカンドのThe Originals’ “Baby, I’m for Real”とBloodstoneの”Natural High”をさりげなくカバーした時と通じるものがあるし、こういうクラッシックをカバーするセンスと余裕が今のAfter7に伺える。

まずLet Me Knowがこのアルバム中、最高作だろう。グループとしての調和やリードの際立ち具合、ボーカルグループとはなんぞや、とレクチャーしてくれる至宝のナンバーだ。後半に向かって憂いを保つ泣き具合がたまらない。そして冒頭のRunnin’ Out。相当自信があるから1曲目に位置するのだろう。これも最高としかいえない。

90年代初期のR&Bをリアルタイムに聞き続けてきた年代には狂喜するアルバム。

 

after-7-let-me-know-video

After 7 / Let Me Know

After 7のニューアルバム、なんと21年ぶりに発売予定とあり、90年代R&Bファンは歓喜感涙、狂喜乱舞w。日本で屈指のエドモンズ一家のファンであるne4eさんも真っ先にこの話題を取り上げていらっしゃいました。
既にアルバムに入る予定であったシングルカット”I Want You”が、先にBabyfaceがニューアルバムに自身のリードボーカルでピックアップしてしまったという反則を犯したものでありますから、本当にリリースするの?という不安もありましたが、彼らの公式Twitterでの発言やスタッフの公開を見ると、安心して待っていいようです。ニューアルバム”Timeless”は9月16日に発売予定(前後するでしょうけど)です。プロデュースはもちろんBabyface & Daryl Simmons。いっそのことLa Faceレーベルで出してくれないでしょうかw

そのアルバムから2曲目のシングルカット”Let Me Know”が公開されています。このナンバー、私的にI Want Youより好きですわ。Kevonのテナー~ファルセットが見事で、涙チョチョ切れ。息子が歌うのかと心配であったがMelvinも復活しオリジナルの3人がビデオに。このナンバーだけでも次のアルバムはマスト盤になりうると思います。これは他のナンバーにも期待がかかりますね!

Babyface / Return of the Tender Lover

returnofthetenderlover

1 We’ve Got Love
2 Fight for Love
3 Exceptional
4 Walking on Air (feat. El DeBarge)
5 I Want You (feat. After 7)
6 Love and Devotion
7 Standing Ovation
8 Something Bout You
9 Our Love

Babyfaceのアルバムがまもなく発売される。12月4日、Def Jamからのようだが前のToni BraxtonとのアルバムがMotownであったので、前から契約の取り決めがあったのだろうか。
AZさんから情報を頂戴したとおり、先行でお披露目になってる同名同曲と思われる”I Want You”が含まれる。こちらはFt.After7といった曲名になっているが、はたしてBabyfaceがリードを取る、例えば角松敏生がYou’re My Only Shinin’ Starを歌うのと同じ流れなのか(笑)、どうも掴めない。このアルバムがリリースするタイミングでこの記事を追記することにした。
さてアルバムタイトルしかり、あの時代回帰を狙ってのLa Faceサウンド復刻と捉えたいが、私的にはToniとのアルバム恋愛~結婚~離婚(笑)が最高であっただけに、耳が肥えた状態なので、期待反面、心配もあることを述べておこう。先行のWe’ve Got Love、最近のBabyfaceにはないアップリフティングなナンバーだが、反面Tender Loverのようなワクワク感が希薄なのだ。どうもあの時代、ニュージャックに乗ったLaFaceサウンドやハネ感が感じとれない。
他のナンバーも含め、総合的にこのアルバム追いかけていきたい。

追記:
昨日、タワーで購入した。
日本盤もあったがボートラは入ってなかったような。結局、海外盤を購入。
確かに好きなアーティストの新譜にはワクワク感があった。TONIの時と同じくらい。
聞いてみた。やはりといってはなんだがTONIとのアルバムの延長線上にあるBabyfaceだった。Return~ VS Tender Lover・・・そのサウンドだけを搔い摘んで比較するのにも無理があるってもんだ。その時代のハネ感やこれぞBabyfaceサウンドというオリジナリティの突きぬけ間を求めたら。でも、After7とのナンバー”I Want You”にはウルルと来たのは正直なところ。
I Want YouはAfter7のバージョンと違っていた。BabyfaceからのAメロであった。兄弟の中でも中間?のBabyfaceの甘い声と更に甘いKevonとのボーカルワーク、これぞ90年代に酔いしれたものそのものだった。(Milestoneだっけ)
もちろんこれ以外のナンバーも素敵ではあり、本人が語るグルーヴの回帰は嘘ではなかったし、生音の使い方も絶妙である。
またキャリアに磨きをかけたアルバムといえよう。

Babyface (Featuring Toni Braxton) / Give U My Heart

giveumyheart

週末は晴れって思ったらまた曇ってきたね。洗濯進まんやんw

さて本日はBabyface & Toni BraxtonのGive U My Heartです。
シングルなんやけどね、これがなかなかのRemixなのでアップ。
Eddie Murphy主演のBoomerangのサントラにも納められてます。Laface絶頂期ですかね。サントラも凄いメンツやったよね。Johnny GillにKeith Washington、Aaron Hallとか。

まずはExtended Remixですね。
インストを多めにとり貯めてからのボーカル、ボーカルもCUEの使い方とかね、ナイス。Smooth & Wet Remixって打楽器ほぼ削除して、とてもムーディーに仕立てられたナンバーもありかなりええです。Tamar Braxtonの旦那Vincent Herbertによる仕事です。

Babyfaceってこんなにええアップも作れるんやから、歳食っても同じくらい弾けてほしいね~。