Blackstreet.2 / I Luv Her (My Christmas Girl)

iluvher

俺も記念に貼っておこw
Teddy Rileyから今年最後のプレゼント(ライブに行きはる方にはダブルですかな)、Blackstreet(BS2)の新曲です。
最初聴いたとき、なんじゃこりゃと思ったんですが、クリスマス限定R&Bナンバーと考えればプリティな感じでええんではないでしょうか。なにげに繰り返し聴いてしまいます。

広告

9*1*1 / The Pressure (Advance) 

9*1*1(以降邪魔くさいので911)のお蔵入り盤。Teddy Rileyプロデュースです。
現在、Teddy Riley好きな日本人はどんどん手に入れてるのではwww

911に関しましては指折りのテディフリークであるAZさんから情報を拝借。アドバンス盤をいち早く入手されてたのもAZさんでした。
わたしは乞食のごとく海外のとあるサイトよりDLしてmp3で聴きました。タダでしたがwこれは素晴らしいナンバー揃い!と感動したものです。同じくテディがらみのdGより好きになりました。そうしてるうちに沸々とフィジカルで欲しくなり、やっと手にしたしだい。

 

911は94年くらいに結成された3人組。メンバーは元Basic BlackのWalter “Mucho” Scott ,Darrell “DEZO” Adamsの二人と、ソロ作もリリースしているRobert”RAab”Stevensonからなります。Basic Blackはニュージャック好きならみんなご存知でしょ?
テディライリーが911の制作に関わったのはどういったきっかけなんでしょうか。GUYの前座をしていたのはBasic Blackですし、Gene Griffinのレーベルに所属してたので、ファミリーであったには違いないですね。
わたしがを知ったのはシングルCutieの存在ではなく、OSTのNothing To Loseに収めているIn A Magazineでした。Queen Penをフューチャーしたナンバーで、これからの活動が気になるような豪快なアッパーでした。それが・・・、どういった理由なんでしょうか、テディお得意のお蔵入りに。

さてトラックですが
01. Intro
02. Cutie
03. Higher
04. Spend Some Time
05. Recognize
06. Love Is For Real
07. Catching Feelings
08. The Ride
09. Do You Right
10. Misery
11. Something About The Way
12. Say It Again
13. Pressure
14. Rescue Me
15. I’ll Go
の15曲。

01~05までがテディらしいたたみかけニュージャック。なんと06からラストまでの10曲がミッドスロウというグループ好きにとっては理想の配分。
半分以上がスロウというのが感涙です。クールなテディのトラックに、アーロンいやアンクルチャーリーのような節回しを存分に聴かせてくれるリード、おそらくDarrellかな。あとのふたりも相当歌えます。
Spend Some TimeとRescue Meは後にGUYIIIに使われたナンバー。MiseryはBlackstreetのFinallyに後に使用されたナンバー。とテディはけっこう使い回ししてるんですよね。自身のお蔵ソロ作にも後にお披露目になったものもあるし。Say It AgainはIsley BrothersのMake Me Say It Again GirlのカバーでRam-Zもカバーしてるようです。
と、このあたりの情報は先にAZさんが紹介済み。またこのアルバムにもナンバー別にクレジットと以上の紹介があり、アドバンス盤が未来のリリースを告知せんやろ!と非常に丁寧なブート盤となっておりますw。
8ページに渡り911について語り尽くし、メンバーでもないのにテディライリーの紹介が凄まじいw。スタジオでのイラスト(これファンが贈った絵をコピっとるw)まで1ページ裂いてるし。
いやはや、ただRに焼いただけというブート盤でなく、CDプレス。流れてた音源は1曲1曲ファイルになったものですが、CDは流れるように音が繋がっており、無用に1曲が切られた感がありません。そしてこの圧巻の手作り感満載のスリーブw、これならブートでもお金を払いたくなります。

Darrell “DEZO” AdamsとRAabは現在ボイストレーナーとしてご活躍のようで。DarrellはもっともWhitney、Dave Hollister、Keith Sweatなどの制作にも関わってるプロデューサーでもあり裏方で成功してるようです。
_______________________________________________
関連記事:
9*1*1 / The Pressure (Advance Remastering)

Earth,Wind & Fire / Spirit

 

「うちは自らアースかけないんですけど」
そんなソウルバーもあった。超有名曲をリクエストされ、それを営業的にプレイしないといけないという辛さ。わかる部分もある。
だいたいの一般客、それはソウルやR&Bを日常的に聞いていないひとにとって、アース=セプテンバー、てな固定感とそれしか知らないという両面しかない。
営業用にアースのアルバムをストックしても、通常はかからないというのは寂しくもある。
更に、コアなソウルファンから「アースなんて」
てな穿った見方をする風潮も少なからずあるのも事実。これも残念なこと。

アースは普通に凄いバンドであり、アルバムトータルで聞いたときの満足感は、他のファンクバンドを寄せ付けないものがある。
たとえばこの「SPIRIT」、わたしの一番大好きなアースのアルバムだが、リリース時期は76年。絶頂期である。
このアルバムからご存知、”Getaway”が生まれている。素晴らしいナンバーだが、それ以外のナンバーもミラクルで、整合性、音の厚み、そしてこの時代だからこそのナチュラルな楽曲の暖かさなどが満喫できる。フィリップベイリーの声も一番ハリのある頃ではなかろうか。

BlackstreetがLEVELIIのオープニングでそのまま使用した、オーケストラのふくよかなフレーズが素敵な”Earth,Wind & Fire”というナンバーもこのアルバムからだ。
あらゆるアーティストに影響を与えたアース、わたしもすべてを聞いたわけではないので、大きなことは言えないが、彼らなくして80年代のファンクバンドはなかったと思う。