The Time / What Time Is It?

The-Time-What-Time-Is-It-1982

ザ、ミネアポリスサウンドのタイムです。Morris Dayがフロントマンでありますが、スペシャルなギタリストJesse JohonsonとサウンドメーカーJam&Lewisが在籍するバンド。
プリンスの舎弟バンドでしたが、いろいろ揉め事があり不仲だったようですね。
ネーミングの利権問題でバンド名を語れないこともありましたが、プリンスがお亡くなりになってからはどうするんでしょうかね。

このアルバムは俺の中のタイムで好きなアルバムです。
なんだかミネアポリスサウンドってつかめないところがあるのですが、このアルバムは歴代のファンク要素も垣間見るサウンドなので、馴染みやすいと思います。
当時いたずら電話もあったという”777-9311”のソリッドなファンクに実力が凝縮。スピーディな流れなのにまったく音のズレがないクールなサウンド、これこそタイムでありますね。
スロウでは”Gigolos Get Lonely Too”がなかなか。うーむ、やはりプリンスのナンバーっぽいw

The Walk、これもいい、フロアうけするナンバーだね。

広告

Solo / Solo

solo

Soloについてはメジャーなグループなので、皆さん多くをご存知でしょう。Terry LewisとKaryn Whiteが街頭でパフォーマンスしていた彼らに惚れ込んで発掘されたという逸話はあまりにも有名ですね。ただデビューアルバムでの4人はオリジナルメンバーが2人いないという、すべてが順調に進行したわけでないようですね。James Smithというひとに限っては射殺されたという悲劇もあったようです。

このデビューアルバムは、90’sグループの金字塔的な存在でした。当時のBMR年間ベストアルバムではほとんどのライターに1位に評価されましたのを記憶します。

わたし自身サムクックを聴かない、軽めなソウルファンであるからに、カバーのクオリティは評価できないのですが、オリジナルを挟んでカバーを散りばめてるところ、グループのカラーをあえて打ち出しているのでしょう。
製作するJam&Lewisの計算された楽曲は本当に聞き所です。クラッシックなイメージは踏襲、モダンな味付けをしたアレンジには脱帽。Blowin’ My Mindの軽快なスネアやDramaticsのネタもサラッと使うXXTRAあたりのナンバーは流石です。
それに合わせてSoloのパフォーマンスはバリトン、テナー、ファルセットと縦横無尽に駆け巡り、もう何人で歌っているのかわからないくらいの万華鏡状態。どれも素晴らしいオリジナルナンバーですが、その中でもIt’s Such A Shameは、これこそソウルと言わしめるボーカルワークで身震いもの。
トータル70分58秒の大作、圧巻です。

さて、現在はEunique Mackが離脱して3人編成、久しぶりのアルバム(EP)を発表し話題になっていますね。将来、LP盤の発売はあるのでしょうか。

※来日時の感想はこちらで。日記部分を抽出した別ブログです。たまに更新していますので、どうぞそちらもよろしくね。

Princess / Princess

princess

一歩間違えればハイエナの部類に収まり、ヤバい感じのPrincess。プロデュースはStock Aitken Waterman。ようはバナナラマ、デッド・オア・アライヴの製作者であるからして、微妙な立ち位置。
とはいっても、リックアストリーなんてのも彼らの作品であるので、ソウルの少しいい部分も感じ取れる。当時のSOS BandがやってるようなJam&Lewis風の楽曲に近いのよね。A-2″I’ll Keep On Loving You”とかSaturday Loveで使われるシンセづかいだし、A-3″After The Love Has Gone”はSOSのJust Be Good to Me似(パクリ?)で聴かせてくれる。A-4″Say I’m Your Number One”は彼女のヒットシングルでもある。
A面は総じていい。が、B面はマハラジャの世界なので、聴かなくてよしw

Pia / When The Lights Go Out

image

Pia Zadora、1988年リリースのアルバムです。
Piaは見ての通り白人ですが、Jam&Lewisが関わってるだけで摩訶不思議、まるでJanet Jacksonの音と同じなのでブラックミュージックの世界そのものです。1989年にJanetのRHYTHM NATION 1814が発売ですから、流れ的に序曲ともいえるナンバー揃いです。SOS Bandより洗練されています。
私的には名盤です。

image1
クレジットにはおなじみのFLYTE TYMEマークが印字されてます。

Johnny Gill Says New Edition Is Working On A New Album | ThisisRnB.com – Hot New R&B Music, Videos, News

Johnny Gill Says New Edition Is Working On A New Album | ThisisRnB.com – Hot New R&B Music, Videos, News.

Johnny GillのインタビューでNew Editionのニューアルバムの製作が始まっていることがあきらかになりました。
Jam&Lewisがプロデュースするようです。

Force M.D.’s / Chillin’

chillin'

寒さが増しますねぇ。ヒートテック着用してますか?w
今年はなかなか売り切れなかったですね。大好評絶賛増産中やったんでしょうか。
インナー全身ヒートテックやと、けっこう寒さ凌げるわw

さむなると聴きたくなるナンバー・・・スウィートなナンバーはなんでも聴きたくなるけど、けっこうベタなTender Loveが聴きたくなるねん。
製作Jam&Lewisやわな。ほんま、寒さで萎む心の隙間にしっぽりはまる暖かいナンバーですね!
このアルバムではTommy BoyレーベルのコンポーザーRobin Halpin製作”Here I Go Again”も甘いスロウ。恋人と暖炉の火を見つめながら寄り添って聴きたいねwww
Force M.D.’sってメンバー皆目張りしてて、ちょっと見怖いけど、歌ったらほんま甘いわ。

ドラミちゃん、泣けるR&Bなんぼでもあるな!

Angel Grant / Album

angelgrant

Jam&Lewisの秘蔵っ子と言われていたAngel Grant。
ジャムルイがてがける女性アーティストというともちろんJANETを真っ先に思い浮かべるが、彼女は路線が違う。
JANETのようなビートやダンスを重きにおいていない。既に98年、R&B過渡期なのであった。

ジャムルイは95年、SOLOでニュー・クラッシック・ソウルをしかけた。70~80年代を懐古しながらも、新鮮な振る舞いを押し出したシーン、彼女もその流れであったような気がする。クラッシックというよりオルタナ的?、オルタナティブ・ソウルとも謳い文句があったような。
ソウルというより、なんだろう当時はsadeのような印象を持った。スピリチュアルな雰囲気がジャケットからも染み出ていた。

少し食わず嫌いな感じで彼女を見ていた。でも、聴いて、オリジナリティがあって、優しく女性的でグッときたよ。
Jam&Lewisの右腕といわれるBig Gim Wrightが全編にわたって製作に関わったようだ。
わたしはこのアルバムでは、Knockin’というナンバーが大好きだった。

Lo-Key? / Where Dey At?

lokey_1st

もう1月もあと数日、早いですね~。年明けたと思ったらもう1ヶ月。

このまえ健康診断を受けたんですが、問題の中性脂肪値、肝機能のr-GTPとも標準値におさまりました。ホッとしております。
酒のことをとやかく言われてたんです。特に禁酒デイを設けていないことが、先生や近親者からお小言が多く、それが逆にストレスで(笑)
もちろん改めないと思っています。少し(笑)

気が緩んだのか、週末の飲みの機会が増えております。
今月になってsamnyさんがDJをされているGINZA MAGICに初めて伺ってまいりました。
わたし友達が少ないので、基本ピンで動くことが大半なんです。
その為か銀座方面となると、お誘いがない限り会社から逆方面とあって、なかなか向かうきっかけがなかったのですが、そんなことではいかんではないかという自戒が働き、ここも久々の両国のD Collectionの後に。
金曜日とあってかお客さんはいっぱい。スタンド席でチンザノの呑んでフラフラいたしました。気持ちよかったです。
samnyさん、いつも長丁場なんですね。頑張ってください。また伺います。あ、昨日もおじゃましたか(笑)

さて今日はLo-Key?
Jam&Lewisの後押しでデビューした5人組。
このアルバムは1stです。92年という時代にセルフインストゥルメンタルなグループは少なく、後はToniToneTonyくらいしか思い出せないな。
ソウルファンなら彼ら下積み時代を話題にする方も多いと思うが、まもなく来日するAlexander O’nealのAll True ManはLo-Key?作。
それからWe Can Swing ItのFour Sureとは元々は同じバンドであったという驚きの過去の持ち主であるメンツであるな。

s-foursure alltrueman

アルバムはI Got A Thang 4 Ya!の素晴らしいミッドスロウに尽きると思うが、このナンバー以外にも時折聴けるCameo的な節回しは、リスナーが80年台を懐古する意識とズバッと繋がり、喜びに変えてくれたものだった。まさにオヤジキラー的なバンドであった。

なんとLo-Key?はライブ活動を中心に復活。どうやら中心人物のLance Alexanderがいない4人組のようだが、Jam&Lewis周辺のミュージシャン、Mint ConditionやThe Time等のメンバーとギグを行ったりしてる模様。これからの活動も見逃せない。

Lo-Key

Gladys Knight & The Pips / Visions

Carrie Lucasを紹介してくれたsamnyさんが、またまたステキなアルバムを紹介してくれました。Gladys Knight & The Pipsの83年作、Visionsです。ありがとうございます。
1曲Jam & Lewisクレジットのナンバーがあり、それを先にYouTubeでチェック、これは買わねばという気持ちが沸々と沸き・・・
海外から買えば安かったんですが到着に時間がかかるしなと。どっか近場で扱ってないかなと探してたら、やっぱDisk Unionお茶の水にありました。ここと新宿店に向かえば、大抵の定番は手に入れることができますね。やはり品揃えは圧巻です。

さてアルバムです。When You’re Far AwayがJam & Lewisのナンバー。82年のKlymaxxに提供していたナンバーも同じ印象だったんですが、いわゆるSOS Bandで聴けるフライトタイム特有のクールネスなサウンドとは違った、清々しさが残っているんですね。他曲のアッパーもすべて同等のグレード感を保っています。Michael Lovesmith提供のDon’t Make Me Run Awayはホーン炸裂のブライトダンサー。
スロウではAtlantic Starrに提供しているナンバーに勝るとも劣らないSam Dees作Heven Sentがホロリとさせます。

Merry Christmas

街中のイルミネーションが、12月入るといやがおうでも目に入り、TVをつけると山下達郎のナンバーが番組で使用されまくる。
日を超えると一瞬で年越しモード。正月の準備です。うーん、年の瀬ですね~w
掃除まだやってませんwww

クリスマスといえばクリスマスソング。じっくり聞くことはないけど、以下のCDは毎年一巡。一度聴いてまた箱の中です(ラックに戻さないw

LaFaceファミリーによるクリスマスアルバム。華やかですね~。今、レーベルのクリスマスアルバムってリリースしてるんでしょうかね。もちろんBabyface監修です。
聞き逃し厳禁なのが、A Few Good Men。こいつらの歌ヂカラはハンパないですね。このアルバムでは2曲。Silver Bellsは以前にも取り上げたかな。もう1曲、Daryl Simmons 作のMerry Christmas My Dearがベタなクリスマスソングでなくてナイス。
___________________________________

Boyz II MenにはあとWinter/Reflectionsという冬用のアルバムがあるようですが聴いていません。わたしにはこのChristmas Interpretations。93年のアルバムです。
絶頂期ですね、彼らの。Brian McKnightとのコンビネーションがはまりまくりです。クリスマス時期でなくても聴けてしまうアルバムとしても重宝。定番ですがLet It Snowいいですね。
ハーモニーが聖歌隊てな感じで曲調と合う。
___________________________________

定番ですが、アレックス。やっぱりこのナンバーはいいですね。88年ですよリリース。随分年月も経ったもんです。
なにげに毎年聞き返すことができるというのは、Jam&Lewisの手抜きなしの楽曲によるんではないでしょうか。
大昔、このアルバムを彼女にプレゼントと一緒に渡したことがあるんですが・・・次のクリスマスはなかったです(爆)