Johnny Gill Performs on the TJMS

http://player.theplatform.com/p/BCY3OC/85cuXQZEfG4M/embed/select/_vw6GRjJEQ9I

Game Changer / There You Go

iframe使えないのでリンクだけ貼るよ。

広告

Johnny Gill / Game Changer

JGGameChanger

画像は12月12日、都内某所でJohnny Gillの新作Game Changerをゲットした瞬間ですw
twitterで喜びのあまりアップしたのですが反応はいまいちでしたw
Johnny Gillファンって潜在的には多いと思うのですが、過去のひと扱いなんでしょうか。
いやいやとんでもない。この新譜を聴いていただければ、脂が乗りきった故の表現力と衰えぬパワーに驚くはずです。

2011年リリースの前作が15年ぶりのソロ作品、それからたった3年しか経っていません。
短いリリースタームにJohnny Gill自身の意気込みを感じます。なぜにこうもバイタリティに溢れているのでしょう。Johnnyの最新インタビューではR&Bの位置づけが蔑ろにされていることで嘆いているとあります。確かに本物アーティストがメジャーシーンから干されている現状、少し異常かと思われます。その沈下した伝統あるR&Bの底上げに一躍を担う切り込み隊長に俺がというのがあるようです。

今作、僚友といえるJam&Lewis絡んでいませんが、New Editionの新作にJohnny自身がスタジオに乗り込みたいと答えていますので、そちらを楽しみにしましょう。代わりに旧交といえばBabyfaceが5曲目、Game Changerというナンバーでプロデュースとバックボーカルで仕事をしています。
他プロデュース陣でGregg Paganiがいい仕事をしています。最近の作品でいえば Charlie Wilsonの”I Still Have You”なんてのが上げられるでしょうか。クラッシックながらどこかしら今の息吹を感じさせるナンバーがお得意のようです。1曲目Your Body、そしてNew Edition参加のThis One’s For Me And Youという3曲目がGregg Paganiのクレジットになっています。RalfhとRickyの声が未だ幼気でナィーヴだったのが嬉しかったですね。野太いJohnnyの喉との対比こそNew Editionです。Bobbyはどこいったんでしょうかw

7割方スロウナンバーですが、アップナンバーも巨体に似合わず軽やかで9曲目Role Playなんてファンクしてますのでステージウケしそうです。ラストの12曲目はEDMぽくてやり過ぎ感があり、こんなのJohnnyやらんでええでょうと思いましたが、なぜか許してしまう自分がありましたw

全曲聴いて最後に。今作のナンバーで一番のおきにいりとなったのは”What Is This”と”Game Changer”です。どちらも身震いしました。こんな感覚R&Bで久しぶり。ここまで振り絞って歌うJohnny、前作ではなかったのではないでしょうか。

12月9日発売、ということでしたが入荷状況悪く、購入するのにストア巡りで歩き疲れましたが(仕事しろよw)、12月12日以降メジャーなCD店では店頭に並んでいます。アマゾンや海外通販は12月9日着とならないので辛いところでした。焦って店頭買いしましたので、通販は次週くらいに同じものが届きそうですw クリスマスプレゼントとして割り切って保存盤としますwww

Johnny Gill Says New Edition Is Working On A New Album | ThisisRnB.com – Hot New R&B Music, Videos, News

Johnny Gill Says New Edition Is Working On A New Album | ThisisRnB.com – Hot New R&B Music, Videos, News.

Johnny GillのインタビューでNew Editionのニューアルバムの製作が始まっていることがあきらかになりました。
Jam&Lewisがプロデュースするようです。

Johnny Gill / Behind Closed Doors (PV)

Johnny Gill | Behind Closed Doors from Matt Alonzo on Vimeo.

Johnny Gillの新譜”Game Changer”がまもなく発売です。12月にずれ込みましたが前作からまもないので、かなり活動的です。どうしたんでしょうかね。
NEの活動をセーブしソロ活動に専念していたんかな。それにしても嬉しいことです。
アルバムにはNEでのナンバーもあるようです。

シングルカットされたBehind Closed DoorsのPVがアップされていたので記念に貼ります。Youtubeのものは日本では見れませんね。制限かかっています。Video DirectorのMatt Alonzo製作でVimeoのアカウントから日本でも見ることができました。
かなり高画質な映像なのでそれなりのマシンが必要ですが。Core2ではカクカクでしたw

印象的なシーンはJohnnyが持つiPhoneの着信音で始まる恋人宅へのしけこみシーン、48歳になっても大胆なHシーンwww、ラストの意外な結末、彼女の本当の姿を知らぬかJohnnyのアホづらといったところでしょうかw

Johnny Gill / Behind Closed Doors

behindclosedoors

Johnny Gillの新曲がなにげに発表されてました。あまり話題になってないのはなぜなんでしょう。bmrさんくらいかな、早かったの。
Behind Closed Doorsというナンバー。ファルセット混じりで穏やかにスタートするナンバーですが、合間にお得意のシャウトを決める、絶品R&Bに仕上がってます。プロデュースはLedisi / Pieces Of Meで覚えていたChuck Harmonyです。

LEON / Chocolate

フランスから本物のソウルシンガー誕生。Leon Showmanです。

olskooljamさんのブログ”The Show Must Go On”でご紹介。マジ気になりYouTubeでチェック。
こりゃ、ヤバいシンガーが出てきたもんだわと即オーダーかけました。
今のところ流通状態が悪く、おフランスより空輸しましたので、到着までえらい日数かかりましたが。

olskooljamさんがおっしゃるとおりAli Ollie Woodson、Marvin Juniorなどの吠え系野獣スタイル。ズゴーンと来るタイプです。わてはBobby WomackやLV Johnsonらにも似ているなとも思いました。
最近アメリカのアホでヤワなエレクトロポップ化したR&Bばかりで、辟易してたところなので、久々にこんなの現れると嬉しいですわ。SOLOの復活ニュースで、ちょっとはクラッシックソウルの流れくるかなともおもてたんやけど、まったくやし。

Leonのボーカルスタイル、緩急の緩で優しく迫り、登りつめた瞬間に噛みつくような吸引力をみせます。
サウンドは、南部系のオールド感漂う生音で、ライブ感たっぷり。
イントロのピアノでいきなりホロリ、女性ボーカルと掛け合うGive It Upなんて最高。吠えてるだけやありまへん。ファルセット気味で始まるWake UpなんてJohnny Gill並の表現力。泣ける・・・
どれもこれも聞き逃し厳禁。いや、ボートラのBeatles/Michelleカバーはいらんw 

アカペラで実力のほどがおわかりになるでしょう。

実質上シングルカット?ローズカラーのタートルセーターにジャケットスタイル。うーむソウル!

Kenny G / G Force

Kenny G(爆)
メジャー過ぎるサックス奏者。Jeff LorberやKashifのバックで吹いてたのは80年くらい。初期はブラックミュージックフィールド寄りに活動していたようだ。有名になってからはJohnny Gill のMy My Myで吹いていたのが記憶に新しい。
Gerald Albrightのようにブロウしまくりというスタイルではなく、どちらかというとソプラノサックスを使い、美しいメロディで優しく奏でるスタイルがウリ。
このG Force(83年作)はKashifのプロデュースで軽快なナンバーが多い。ボーカル入りナンバーもあり、構成はNY系のファンクが好きな方の琴線にも触れるだろう。ボーカル入りの”Hi, How Ya Doin?”、NY系の洗練ファンクのようなリズムの”I’ve Been Missin’ You”、Kashifの1st”Help Yourself To My Love”のカバーなど、聞き所満載。

Johnny Gill / Still Winning

Johnny Gill,15年ぶりのソロ作が本当にリリースされました(笑)
一番、ソロ作を期待し続けたアーティストだけに喜びもひとしおです。
もちろんNew Edition、LSGでの活動があったので15年といっても「今まで何してんねん」という往年のブラコンアーティスト復活劇とはまた違ったものがありますが。
なにせ、ソロでこそ生きる声、ソロだからこそ圧倒させる存在感ていうものが、このひとの場合抜きんでてるんですよね。
アルバムの発売は紆余曲折でした。昨年くらいから本格的にリリースの情報が入ってきましたが、いかんせん新参もののマイナーレーベルと契約を交わした危うさというか。CEOであるIra とのリーク音源が発端であった訴訟問題は記憶に新しいところ。それまでにも、Johnny自身が納得するプロダクションでやりたいということもあって、制作者も多岐に渡り、構成の練り直しにも時間がかかったようです。一時、Teddy Rileyと急接近といったこともありましたが、Teddyとのナンバーは収められなかったようですね。

さて、本題。アルバム全曲紹介です。

“Still Winning”
ChingyやT.I.を手がけるSanchez Holmesのナンバー。ていうことで今風なアッパーです。昔のJohnnyを知ってる方には意外かも。ま、ニュージャックとはビートも違うか。

“Let’s Stay Together”
Bryan Michael Coxのナンバー。ダークなメロディながら沸々と湧き出る感情を抑えきれないボーカルがさすがの表現力。

“In The Mood”
先行シングルであったこのナンバーはDave Young作。ファルセットと地声の行き交いはかなり難しいと思うが、ジョニーのスキルだと朝飯前?

“Just The Way You Are”
Troy Taylorのナンバー。イントロから胸キュン度高し。今風な押さえ気味ミッドは似合わないかと思ったが、噛めば噛む程、味が滲み出るナンバーという感じ。

“Black Box”
旧知の仲、Jam&Lewisのナンバー。ソロアルバムでの復活はJam&Lewisの助言もあったといわれています。「皆がそろそろ君の声を聴きたがっているよ」と。難しいコード進行。曲調から荘厳なオーケストレーションがあってもいいかと思うが、シンプルなピアノフレーズが逆にホロりとさせられます。

そして後半です。怒涛のソウル度高めのスロウが続きます。

“Long Long Time”
LSGでユニット組んでいたKeith Sweat、亡くなったGerald Levertの親父、偉大なるソウル・レジェンドEddie Levertを迎え、まさに現行LSG。考えたら凄いユニットなんだが。彼らは家族間の繋がりを大切にしてるし、伝統を重んじる精神を持っているからこそ、時代を超越したナンバーを繰り出してくれた。

“2nd Place”
Troy Talorのブレーンである若きミュージシャンKevin Rossの作品。KevinはJohnny Gillの弟であるRandyにも曲を書き下ろしており、これからも見逃せない存在。全編ファルセットで通すオーソドックスなバラッド。

“Who Is He”
これはJohnnyがほぼ製作。アルバム中、一番の濃密なスロウ。こういうのを待っていましたと震えて感動。

“It Would Be You”
ノスタルジックな趣きのあるスロウはTroy Taylor作。今回Troy Taylorとはがっつりタッグを組んだようです。

“My Love”
ラストはPaul McCartney & Wingsのナンバー。Jam & LewisとFlyte TymeのJames “Big Jim” Wrightがプロデュースしたこのカバー、原曲に忠実なのは前半ぐらいで後半はアレンジされJohnnyのスキットが炸裂。意外性のある曲を選んだと思うが、メロディの美しさからしてラストに相応しく、展開的にLuther Vandrossを彷彿させる歌世界。大きなコンサートホールで歌ってくれれば鳥肌もんでしょう。歌がうまいひとじゃないと、こんなことできません。

以上。

リーク騒ぎで話題になったMight Cryはオミットされたようですが、全10曲、約45分というクラッシックなアルバムのような編集がまたよし。繰り返して聴きたくなるトラックタイムっていいじゃないですか。
年末には来日、またNEのアルバム製作も予定しているとか。ますます目の離せないJohnny Gillです。

Chris Walker / Zone

Chris Walkerの新譜、”Zone”が届きました。
ひととおり聴きましたが、素晴らしいアルバムです。
海外の記事で「90年代にカプセルで戻ったよう」と表現されていましたが、まさに輝いてたR&Bの時代を彷彿させる内容です。
本人の喉もまったく衰えなし。普段からトレーニングでもしてるんでしょうか。通常のテナーは更に艶っぽく、極まりでの感情表現も完璧です。
Luther Vandross / The Night I Feel In Loveに挿入されていたIf Only For One Nightのカバーが5曲目に。Lutherのカバーなんて恐れ多くて普通できません。難しいバラッドを巧みなボーカルワークで激唱です。自身のナンバー”How Do You Heal A Broken Heart”も焼き直しています。
こうコメントするとなんだか懐古趣味?というような感じですが、ミッドナンバーのかっこよさが半端ない。That’s What It Feels Likeというナンバーでは、ふくよかなトランペットや生ドラムのライブ感と共に、サビでのボーカルの突き抜け感が鳥肌ものです。
Johnny Gillのカムバックも真実味を帯びてきましたし、Chris Walkerのような90年代の本物のR&Bアーティストがもっと表立つとわくわくしてきますね。

By All Means / Beyond A Dream

Johnny Gillが訴えられたことや、発売時期が微妙なこと等、考えたらしんどくなってきましたので、もう忘れることにします(笑)
発売されなかったら、しゃあない。それまでですわ。そりゃ、レーベルの問題やろうけど、ファンとしたらそんな今更イザコザやっとらんと、契約する時に業界的に安定してそうなKedarとかShanachieあたりであっさりしとったら問題なく発売されとったやろにアホ、てな感じです。

さて、きょうはBy All Means。
わたしの一番好きなグループのひとつです。
どうにも引退後の趣味が掴みにくいJimmy Varnerと核となる敏腕プロStan Sheppardが制作に関わった3人組。
Jimmy Varnerは自ら中心に。Stanの兄弟、Billyがメンバーに。あと当時のJimmyの嫁はんLynn Roderickが紅一点の計3人です。
Stan Sheppard & Jimmy Varnerでのプロデュース作品は、ほとんど聴いてきましたがやっぱり自らのグループは表現力がダイレクトでいいですね。
このアルバム”Beyond A Dream”は89年リリースの2nd。
江坂 Boomin Hall (現在は名が変わってるもよう)でのライブ、ラストはLet’s Get It Onでした。マーヴィンのカバーだからうけたのでしょうけど、えらい盛り上がりやったなと記憶に残っておりまする。
#5 I Think I Feel In Loveが真骨頂を発揮したナンバーでしょうか。続く#6 Stay With Me Tonightとのコンビネーションが素晴らしい。By All Meansサウンドには必ず出番のひと、Gerald Albrightがサックスでエロく絡みます。

店頭で見かけたら購入していたので、いつのまにか4枚ありました(笑)
グループとしては絶頂期のアルバムでしょう。